« オクリモノ展 ・nuriさんの手作りキャンドル | トップページ | 鈴木佳世さんのオブジェ  オクリモノ展 »

2009年12月18日 (金)

谷井直人さんの器 オクリモノ展

Img_8229

スタッフのお母様が焼いてくれたとっても可愛いプチマドレーヌ。

食べやすいサイズなので、仕事の合間合間にパクパク・・・。

でもよく考えてみると、小さな型だと何回も焼かなくてはいけないのでは?

やはりそのようでした。 

3~4cmの型にいれるので焼いては取り出し、焼いては取り出し、、、

たくさん手をかけて作っていただいたお菓子、ごちそうさまでした。

Img_8233 Img_8234

Img_8245 Img_8248

Img_8246

信楽で作陶されている谷井直人さんの器です。

白化粧の貫入部分に墨を入れて仕上げています。

青みがかった墨の色と炭化焼成の黒色が対照的な色をみせています。

Img_8243_2 Img_8237

こちらは銀彩の器。

ボウル・碗・小鉢・豆皿・カップなどアイテムも豊富に届いております。

私の使っている銀彩の器は、普段のおかずがぐんと華のあるものに変身するので

とっても重宝しています。 

まるで、気の利いた小料理屋さんのような気分にさせてくれるのです。 

例えば、ほうれん草と焼椎茸のおひたし・カブと帆立のあんかけ煮・

セロリと昆布の和え物などなど。  

Img_8238  Img_8240

こちらは手付のボウル。 器として使用する他、写真のように

クリスマスやお正月用のお花を生けても似合いそうです。

銀彩の器は純銀を釉薬に使っているので、時が経つとともに

いぶし銀のような渋い表情へと変化してきます。 シルバーのアクセサリー同様

布で磨いていただいても結構ですし、そのままの風合いを楽しむこともできます。

 

うつわSouSouイベント→

|

« オクリモノ展 ・nuriさんの手作りキャンドル | トップページ | 鈴木佳世さんのオブジェ  オクリモノ展 »

2009年 個展・企画展」カテゴリの記事

・お料理を盛って」カテゴリの記事

谷井直人」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/47052112

この記事へのトラックバック一覧です: 谷井直人さんの器 オクリモノ展:

« オクリモノ展 ・nuriさんの手作りキャンドル | トップページ | 鈴木佳世さんのオブジェ  オクリモノ展 »