« 2010年6月12日より サブロウ ガラス展 | トップページ | 初!お料理教室参加 »

2010年5月22日 (土)

鮨 波ルさんにて 器の醍醐味を知る

先日、両親と一緒に「鮨 波ル」さんへ行ってきました。

4人もいるといろんな種類のお料理を楽しむことができます。

(これは嬉しい!!)

そして器も存分に使っていただいていて

私達にとってはなんとも見ごたえのあるひとときでした。

Img_0678 ←付出しです

石岡信之さんの花小鉢、和食にも似合います。 

店で器だけを見るのと、やはり印象がずいぶん違うものですね。

Img_0680_2  Img_0681_2  

お刺身は、野口淳さんの玉縁大皿。

さざえ・ウニ・マグロ・鯵・鯛。 瀬戸内の魚介はやっぱり美味しい。

(マグロは違うか・・・)

薬味もたくさん添えられていて種類によって食べ分けることができます。

炭化粉引と黒釉、見比べてみてください。 どちらがお好みですか? 

Img_0683  Img_0686

小山義則さんの渋い板皿には、カラスミが春らしく演出されています。

そして村上直子さんの右の器、波ルさんではよ~く使っていただいています。

Img_0690  Img_0691

煮穴子のあて。お寿司屋さんならではの楽しみな1品。

フワッとした食感の穴子は山葵をちょいちょいとつけるとより旨い。

食感を変えてシャキシャキのアスパラ。このアスパラの太さには驚きです。

そして野菜と思えないくらいの甘みとみずみずしさにさらに驚く・・・。

小野寺友子さんのマットな白に旬の緑。 

Img_0698

最後は竹下鹿丸さんの長板皿でお寿司をいただきます。

ネタに合わせて味を加減してくれてるので、お醤油をつけずにいただきます。

各々好きなネタを好きなように頼み、お汁物をいただき、最後に巻きずしまで注文して

「お腹いっぱい、もう無理だぁ」という感じで満足満足な夜でした。

・鮨 波ルさん

松山市大街道2-2-8 モスリン館1F

℡ 089-943-0039

|

« 2010年6月12日より サブロウ ガラス展 | トップページ | 初!お料理教室参加 »

・お料理を盛って」カテゴリの記事

私事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/48427790

この記事へのトラックバック一覧です: 鮨 波ルさんにて 器の醍醐味を知る:

« 2010年6月12日より サブロウ ガラス展 | トップページ | 初!お料理教室参加 »