« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

「注ぐ器 注がれる器 展」明日最終日

「注ぐ器 注がれる器 展」 

明日 2010年10月31日(日)最終日となります。

*11月1日(月)は定休日

074_3

・大江憲一さんのお醤油差 6,300円  高さ6~7cm

見ていて惚れ惚れしてしまうほど、美しいお醤油差しです。

真っ白な磁器土に刻まれた鎬が緻密さとともに 清雅な趣きをみせています。

011_2  016

こちらは南部恭子さんのチャーミングな作品。 

つまみ・取っ手部分のディティールにもご注目を!

全て模様が違っているので皆さんほんとに迷っていらっしゃいます・・・。

その迷う時間も楽しそう。。

・注器   4,200円  (一番膨らんだ部分が7cm)(注ぎ口含むと9cm)×h8cm

・豆鉢   1,575円  7×h3cm

052  071

長島慶明さんの注ぐものと注がれるもの。

・黄伊羅保ピッチャー 6,300円  高さ19cm

・粉引カップ       2,100円  11×h7cm

005_2   080

安部太一さんの青釉マグカップ。

内側の茶釉と珈琲の色、そして青。相性良い色たちです。。。

・青釉マグカップ 3,675円  7.5×h8.5cm

・茶釉面取ポット 9,450円  17cm(取手-注ぎ口)×h13cm

蓋部分の直径は6.5cmあり、ポットの上にドリッパーを置くこともできます。

容量は450ccほど。カップ2~3杯。

SouSouオリジナルブレンドの珈琲豆も届いております!

うつわSouSouHP→

   

 

| | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

長島慶明さんの作品

開催中の「注ぐ器 注がれる器 展」より長島慶明さんの作品です。

004 013

・伊羅保片口小鉢 1,890円 9×h5cm sold out

・伊羅保7寸皿   3,150円 20×h1.5cm sold out

033 036

・粉引急須   胴体の一番大きい径:12cm×蓋径6cm×h13cm

容量:500ccで八分目ほど。

022 027

・伊羅保5寸鉢  2,625円 15.5×h4.5cm

・伊羅保片口   2,625円 9cm(口部分含むと12cm)×h8cm

長島慶明さんの作品を初めて見た時、不思議なアンバランス感を覚えました。

作品の完成度の高さに比べて、まだ無名の(お会いした当初)作家さんである

という事に何か違和感すら感じたのです。 

「根っこがしっかりと大地に広がらないと良い木は育たない」といいます。

長島さんとお話していて、これまでずっとその根を土の下で力強く

着実に伸ばし、そして広げてこられたのだと思いました。

陶芸の基礎から習得され始めてすでに随分と年月が経っていらっしゃいます。

焼物だけではなく生きていくことすべてにおいて様々な経験を積まれてきたのだと。

制作に向き合うその真摯な姿勢は、モノを通して伝わってくるものなのだと

静かに佇むひとつひとつの作品を手にしながら改めて感じたのでした。。。

うつわSouSouHP→ 

| | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

安部太一さん:絵画の中の世界

061_2

063

・青釉ふた付瓶        8,190円  6.5× h21.5cm  (写真:真ん中)

・青釉瓶        5,670円  7 × h20cm  (写真右上)

・青釉縞ふた付瓶     7,140円  11 × h15.5cm (写真右下)

098 072

・マグカップ 3,675円  黄釉・青釉・白釉・茶釉・・

今回は同じもの2点選ばれるのではなく、お好きなものを組み合わせていらっしゃる

お客様が多いようです。 (その気持ち・・・よ~く分かります。) 

056 069

・白釉キャンドルスタンド   5,670円   6×h18cm

・白釉鎬洋杯          4,200円  7×h7cm

・白釉瓶(口部分は黄釉)   4,515円   6.5×h19cm

うつわSouSouHP→ 

| | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

安部太一さんの作品

119

注ぐ器 注がれる器 展 より

安部太一さんの作品です。 

112_2

様々な形が机の上に並ぶことにより、全体を包む空気が生まれ

また対比することで個々の形が存在感を増していくようです。

この4日間、外気はぐんと下がり・・・晴れ・曇り・雨と毎日天候が変わりました。

朝の陽光、昼間の雨、曇の夕暮れ時、ガラス越しに光を受ける作品は

その度に違う色のトーンを見せてくれます。 

018   022

初めて安部さんの作品を見た時、心奪われたのがこの色でした。

言葉で表せないほど、衝撃を受けたのを覚えています。

今回は私達の思いを安部さんにお伝えして・・・この色のポットを

制作していただきました。 シンプルな白・黒・茶の器が多いテーブルに

このポットを置くとそのすべてが一変するほど雰囲気が変わります。

ぜひ店内で試してみてくださいね。

・青釉ポット  9,450円  容量:約 700cc 

長さ20cm(取手-注ぎ口)/高さ14cm(蓋含む)/茶入口径 9.5cm/底径13cm

うつわSouSouHP→ 

 

| | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

明日25日月曜日は営業いたします

「注ぐ器 注がれる器 展」 開催中

*イベント期間につき、明日(25日)も営業いたしております。

(通常、月曜日が定休日となります。)

開催期間     : 2010年10月31日(日)まで  会期中無休

営業時間     : AM11:00 - PM7:00

うつわSouSou : MAP→

036 004_2

写真左:小野寺友子さん

写真右:長島慶明さん

038_2 016_2 

写真左:安部太一さん

写真右:南部恭子さん

*お問合わせなどいただいているのですが

実店舗にて営業中ですので、写真がUPできておりません。

明日より少しずつご紹介させていただきます。

もうしばらくお待ちくださいませ。。。

うつわSouSouHP→ 

| | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

大中和典:注ぐ器、注がれる器展 始まりました。

本日より「注ぐ器 注がれる器 展」 始まりました。

090 091

092

山口県の大中和典さんの茶器。

土の質感とシンプルなデザインが調和した作品。(実用性も抜群。)

明治初期の朱塗りの角膳と合わせてみると

新旧それぞれの魅力がさらに際立ってくるようです。

062_2

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

安部太一さんの器、届きました

1010_dm_omote

002 062   

008_3 011_2

民藝の産地で、新しい視線から模索されている安部太一さん。

今、その安部さんから届いた梱包をほどいてます・・・。

黙々とこなす静かな時間ですが、作品の全体像が明らかになるたび

気持ちが高まってくるのが分かります。

欧州の香りがする懐古的な形と叙情的な釉薬。

23日にはすべての作品がSouSouに並びます。

お楽しみに。。。

うつわSouSouHP→ 

-企画展のお知らせ-

「注ぐ器 注がれる器 展」

開催期間     : 2010年10月23日(土)- 31日(日) 会期中無休

営業時間     : AM11:00 - PM7:00

うつわSouSou : MAP→

10月22日(金):準備の為、休みとさせていただきます。

注ぎ、注がれる姿が美しいもの。

食卓や部屋で小気味よくアクセントになるもの。

愛情注いで作られたそれぞれの形をお楽しみくださいませ。

*参加作家

安部太一(島根県) ・ 長島慶明(岡山県) ・ 小野寺友子(愛知県)

南部恭子(愛知県) ・ 大中和典(島根県) ・ 大江憲一(岐阜県)

| | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

来週の土曜日よりイベント開催します!

104

024 113

-企画展のお知らせ-

「注ぐ器 注がれる器 展」

2010年10月23日(土)- 31日(日)

安部太一(島根県) ・ 長島慶明(岡山県) ・ 小野寺友子(愛知県)

南部恭子(愛知県) ・ 大中和典(島根県) ・ 大江憲一(岐阜県)

うつわSouSouHP→ 

| | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

いただきます。

昨日の続きです。 h.2.motifs さんのお料理教室の様子。

シックな色合いのテーブルコーディネートです。

まずは、秋刀魚のロースト 松の実風味。

マスタードとカリッと香ばしくローストされた松の実が味のアクセントになっています。

032 060

048 051

・カリフラワーのピクルス風サラダ。

中にはセロリ、赤・黄ピーマン、小玉葱、人参が彩り良く入っています。

ニンニク・唐辛子・ローリエの他にもいろんなスパイスが効いていて

酢っぱ過ぎずとっても風味豊か。食事の合間にいくつでも食べられそうです。

杉浦史典さんの大きな大きな白磁のボウルから取り分けていただきました。

真っ白な清々しい鉢は、お料理とともにテーブルの上で花開いたようです。

065 069

写真左 : 牛肉とポルチーニのラグ-

ゴボウ・セロリ・玉葱・ポルチーニのもどし汁・赤ワイン・トマト・・・

コクのある本格的ソースに仕上がりました。お店の味です、すごい!

ちなみにみんなでむいた「栗」!も入っていますよ。 

仕上げにサワークリームとイタリアンパセリをのせると・・・

大沼道行さんの黒釉角鉢は、「おもてなしの顔」をちらりと見せてくれました。

写真右 : 最後に甘すぎず、とっても大人な南瓜プリン。 

スプーンをいれると焼く前の生地と同じくらい、鮮やかな黄色が印象的。

秋刀魚・南瓜・栗など秋色いっぱいの今回のメニュー

旬のものは旬の時に、早々に試してみようと思っています。

* .2.motifs さんのお料理教室のご案内は、うつわSouSouに置いてあります。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

お料理教室

h.2.motifs さんのお料理教室へ行ってきました。

秋の食材たっぷり使った「神無月」のメニューです。

まずは、食材。 ここにはのっていませんが、冷蔵庫に入っていた

すごーくすごーーく美味しそうな牛ロース肉の量にびっくり。

(7人分ですが、それでもたっぷりあります)

そして、先生から一言「今日は一人、1尾の秋刀魚を三枚におろしてもらいます。」

ドキッ。 では、スタート。 

014 016

まずは1時間オーブンに入れるので、南瓜のプリンから。

香ばしいキャラメルソースとバニラビーンズの甘い香りがふわん・・・と広がります。

020 027

ピクルスサラダは一番大きなボウルにたっぷりたっぷり

そしてマリネ液を注いでいきます。野菜の切り方をそれぞれ変えているのは

見た目も食感も楽しめるようにとのこと。 色どり綺麗ですね~。

035 043 

秋刀魚、おろし終えました。 「ここはこうして・・・こんな感じで・・・」と

おろしている途中に、説明していただくとすごく分かりやすいです。

新聞紙を巧みに使ってまな板も汚れ知らず!

これからはもっと気軽に、しかもちゃんとできそうな予感。

焦げ目をつけた秋刀魚にはマスタードをたっぷり塗り

荒く刻んだ松の実をのせてオーブンでこんがりと。

「これは白ね・・・あれは赤ね・・・」ワイン好きな二人の想像はふくらんでいきます。

030 046             

053 039

続々とお料理が同時に完成していきます。これも大事なポイント。

やはり熱いものは熱いうちに食卓へ! 

とっても美味しそうでしょう、香りがたまりませんよ~。

レポートは明日へ続く・・・。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

野口淳:4寸と7寸のリム鉢

-お知らせ-

10月12日 火曜日は振替で休みとさせていただきます。 

(通常は月曜日が定休日となっております。)

037 052

野口淳 (愛知県)

・右 : 7寸リム鉢  5,040円 22×h6cm   炭化粉引(グレー)と黒釉(マット)

・左 : 4寸リム鉢  1,680円 13×h4.5cm  炭化粉引(グレー)と鉄彩

4寸は、おひたしやきんぴらゴボウなどちょっとおかずを増やしたい時に。

7寸は、ほっこり煮物・パリッとサラダ。汁気の無い麺類(つけ麺とか)も

かっこよく盛れます。炭化粉引7寸リム鉢:1点と鉄彩4寸鉢:2点のセットで

ご結婚の贈り物にいかがでしょうか。即、使える器はやはり重宝されるようです。

019  018

・取り鉢  2,835円 15×h 5cm  炭化粉引/黒釉

そろそろお鍋の季節ですね。 私も今季初のお鍋をいただきました。

直径が広めのこの鉢だと、切り身の魚も身をほぐしやすくて食べやすい。

「深すぎず、浅すぎず」の加減もちょうど良く

高台もあるので手に持っても熱くありません。   

白菜・豆腐・えのき・白ネギ・・・雑炊。鍋料理の時は白・緑色の具材が多めですよね。

そんな時には抜群に黒釉の取り鉢、似合います。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

10月11日(月)祝日は営業いたします。

-お知らせ-

10月11日 月曜日は営業いたします

10月12日 火曜日は振替で休みとさせていただきます。 

(通常は月曜日が定休日となっております。)

007 004

坂井千尋さんのPLATE。 パン皿・取り皿など器としてはもちろん

写真のように壁にかけると立体的な絵画のよう。(壁掛用のワイヤー付き)

新築の御祝や、ご結婚の御祝にも喜ばれそうです。

・坂井千尋 (東京)  PLATE 20   4,200円 20×h3cm

003 004

お客様からとっても珍しいものいただきました。 なんだと思いますか、これ?

ラベルには 「Smithonian Institution Washington, D.C」

「SPACE FOOD」 と書かれています。

そうです、これはなんと宇宙食。

宇宙でもきっと甘いものが食べたくなるのでしょう。

中にはクッキー&クリームのアイスをチョコレートクッキーではさんだ

フリーズドライ食が入っておりました。

カリカリの食感ですが、味はまさにクッキー&クリームのアイスそのものです。

宇宙飛行士の野口聡一さんや山崎直子さんも地球を眺めながら

食べていたのでしょうか・・・。

うつわSouSouHP→  

| | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

10月23日(土)より企画展はじまります。

056 154

-企画展のお知らせ-

「注ぐ器 注がれる器 展」

2010年10月23日(土)- 31日(日)

安部太一(島根県) ・ 長島慶明(岡山県) ・ 小野寺友子(愛知県)

南部恭子(愛知県) ・ 大中和典(島根県) ・ 大江憲一(岐阜県)

*写真は新しくSouSouへ作品を送ってくださる長島慶明さんの作品です。

016 028

スタッフのお母様からいただいたオレンジのシフォンケーキ。

ひと手間かけたホイップ生クリームまで持ってきていただきました!!

ラム酒をほんのり効かせたクリームとオレンジの風味がとっても相性いいです。

クリームがあると、これまた別格。

小野寺友子さんのこちらもほんのり土色の見える柔らかなお皿にのせて。

奥にあるポットは長島慶明さんのもの。

それから、スタッフのお友達からは、抱えきれないほどのお花とグリーーンを

いただきました。写真はカットしてお花を活ける前の準備段階。

(この5倍くらいの量いただきました!)ありがとうございます。

店内、ローズマリーのいい香り!!

うつわSouSouHP→  

| | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

お花をいただきにRINさんへ

-企画展のお知らせ-

077 012

「注ぐ器 注がれる器 展」

2010年10月23日(土)より始まります。

安部太一(島根県) ・ 長島慶明(岡山県) ・ 小野寺友子(愛知県)

南部恭子(愛知県) ・ 大中和典(島根県) ・ 大江憲一(岐阜県)

うつわSouSouHP→

076 

ご近所にあるお花のお店「Rin」さんへ行った時のこと・・・。

お花の相談をしていたら、さささっとなんともシックなそしてイメージ通りのセレクトを

していただきました。 この色のまとめ方、ほんと素敵。

以前いただいたお花とグリーンも、長い間SouSouにあるいろんな花瓶を

順番に彩ってくれました。 花を変えると花器の雰囲気もまたがらりと変わります。 

073  075

Rinさんの店内写真を撮らせていただきました。

アンティークの棚・かごの中に、さりげなく秋を感じるディスプレイ。

落ち着いた色調のグラデーションがすぅーっと心を落ち着かせてくれます。

Rin さん

松山市樽味4-14-9

t/f 089-932-8739

HP www.rin-flower.com

 

| | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

近頃のうつわSouSou店内

013 002 

岩手県:廣瀬慎さんの南部鉄器。

滋賀県:清岡幸道さんの手付耐熱ボウル。

東京都:坂井千尋さん絵付の器。

009 011

茨城県:小堤晶子さんからブーブーシリーズ。

石川県:あったかお汁のものに漆椀。

などなど届いております。。。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

野口淳:炭化粉引の大皿とカップ

毎年これからの季節、プレゼントを選ばれるお客様のご来店が多くなってきます。

カップ類、大きめの鉢・お皿などプレゼントに似合う器が届きはじめましたので

お気軽にご相談くださいませ。

045 044

こちらはご結婚の御祝、内祝の時によく選ばれる器。

ぐっと落ち着いた色合が、長年使っていても飽きることがなくて

来客の時にはその使い慣れた器をぐんとおもてなし用にできるという点も

SouSouではおすすめの理由のひとつ。

サイズだけ見るとそんなに変わらないのですが印象はかなり違っています。

たくさん盛ることができる大皿ということであれば断然容量の大きい玉縁8寸皿。

お料理がお好きな方で、器もいろいろお持ちの方にはモダンな印象のリム皿を。

野口淳 

・炭化粉引玉縁8寸皿      5,775円  24×h5cm

・黒釉/炭化粉引 リム8寸皿 5,460円  24×h4.5cm

021 024

野口淳

・炭化粉引大湯呑 2,310円 10×h8.5cm

・炭化粉引猪口   1,890円  9.5×h8cm

男性にも女性にも人気のあるカップ。

土の風合も良くって、渋いですよね。 

20歳くらいの方もこのカップを選ばれる方が多くて、正直私の方がびっくり

することがあります。野口さんご自身も驚かれているかも!

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

野口淳:秋刀魚皿と飯碗

055 036_2

野口淳 (愛知県)

・秋刀魚皿 4,200円 38×10×h2.5cm  秋刀魚以外でも使ってくださいね。

今回の長皿は、特別にお願いして焼いていただきました。

黒釉での長皿は制作されていたのですが、釉薬が変わると制作工程も全く

違ってきます。特に野口さんが調合している釉薬は長皿・板皿にはかなり難しくて

いろんな難点をクリアしていかなければなりません。 

「焼きあがる」だけでなく「いい焼きあがりになる」ということがさらに求められます。

以前からそのお話はずっとお伺いしていましたが、とうとう念願の器を

届けていただきました!! 

「難しかったけれど、、長皿いい焼きあがりになって気に入っています(省略)」

梱包の中に、野口さんからこんなお手紙が入っていました。

026  026 

029 024

左から(古飛黄・鉄彩・炭化粉引)

・飯碗 2,415円  直径12~13×h6~7cm 

サイズも重さも、とってもバランスの良い飯碗です。

炭化粉引はマット仕上がりで、古飛黄と鉄彩はほどよい滑らかな質感です。

男性にも人気があります。 いつも淡々と在庫が無くなっていく野口さんの飯碗。

また追加注文いたします。。。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

野口淳:うつわSouSou定番の楕円鉢 

028 034

瀬戸の野口淳さんから秋の器が届いております。

個展の時はなかなか作品をブログにUPできなかったので

少しずつご紹介したいと思っております。

まずは、10年間ずっとずっと制作をお願いしてきたSouSouの定番中の定番。

楕円鉢の大きいサイズとミニサイズ。

大きい方にはホクホクの肉じゃが、ジャコと水菜の豆腐サラダなど。

たっぷり入りますよ。おもてなしの時には容量少し減らして高く盛ってみてください。

そしてこの器、ご結婚のお祝いプレゼントでもよく選ばれます。

お料理初心者でも(もちろんお料理上手な方にも!)使う機会が多いということが

容易に想像できるからかもしれません。 

ミニサイズは、一人分ずつ盛る小鉢として人気があります。

ひじきの五目煮、ポテトサラダ、白菜とお揚げのさっと煮、、、

今日のおかずで何か1品たしましょうか。そんな時に気軽に使える器。

野口淳 (愛知県)

・炭化粉引(グレー)/黒釉楕円鉢 大 5,040円  22×20×h7cm

・炭化粉引(グレー)/黒釉楕円鉢 小 2,100円  12×14×h 6cm

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »