« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

1月8日より営業いたします。

-年末年始の営業日についてお知らせ-

* 12月31日(金曜日)-1月7日(金曜日)  休みとさせていただきます。

* 年始営業 : 1月8日  (土曜日) AM11:00より

028  013

12月30日。

愛媛に帰省されたお客様と久しぶりにお話することができ

とっても温かい気持ちで今年の営業を無事に終えることができました。

お忙しい年末に足を運んでくださった皆様本当にありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

明日30日まで営業いたしております

-年末年始の営業日についてお知らせ-

・年内営業 : 12月30日(木曜日) PM7:00まで

・年始営業 : 1月8日  (土曜日) AM11:00より 

* 12月31日(金曜日)-1月7日(金曜日)  休みとさせていただきます。

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

008  040

044 030

高田かえさんの作品です。

いつもはオブジェや花器を注文することが多い高田さんですが

今回は「ぜひ定番にさせてください」とお願いしたくなる楕円型の鉢が届きました。

器もやはりかっこよいのです。。。

早速いつもの簡単メニュー、山芋の塩バターソテーを盛ってみました。

深さのある器は使うのが難しい・・・とおっしゃられる方にもぜひお試しただきたい! 

・黒釉楕円鉢 3,675円   20×16.5×6.5cm

その他、銀彩・黒釉・グレー・錆釉の花器などもいろいろ届いております。

| | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

年末年始の営業日について

オクリモノ展、終了いたしました。

今年は松本伴宏さんの定番以外の作品もたくさん届きました。

待ち望んでいらっしゃった方も多く、無事に開催できたことに今安堵しております。

毎日あの赤色を見ていたら、元気がでてきました。

(イベント終盤、赤色が無くなってきて、少々さみしかったですが・・・。)

プレゼントもたくさん注文いただき、バタバタし続けた2週間。

本当に寒い中、たくさんのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございました。

-年末年始の営業日についてお知らせ-

・明日    : 12月27日(月曜日)は定休日

・年内営業 : 12月30日(木曜日) PM7:00まで

・年始営業 : 1月8日  (土曜日) AM11:00より 

* 12月31日(金曜日)-1月7日(金曜日)  休みとさせていただきます。

032

皆様、お正月に向けてのご準備はお済みでしょうか。

クリスマスも終わり、お正月に向けての作品が届いております。

・大分県:青竹のおもてなし箸/石川県:漆椀/福井県:塗箸など

065 061 066 

・岐阜県:美濃和紙のぽち袋、のし袋・・・など

037 055 060

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

「和食 みよし」さんでご馳走いただく

008 011

神戸・大阪・松山と長い修行の時を経て、この12月千舟町にオープンされた

「和食 みよし」さんへ行ってきました。 

カウンターに座ってまずはお品書きを拝見。 (これ食べてみたいっ!と

思わせるお料理が裏までずらりと並んでいてしばらく迷ってしまいます・・・。)

013 014

突出しは牡蠣と水菜。 最初の1品で期待が一気に高まります・・・。  

そして好きなモノをお願いしたお刺身盛。金目鯛の炙り・アオリイカ・しめ鯖・つぶ貝

太刀魚。(松村英治さんの黒織部のお皿、似合うなあ)と見入りながら一口。

「ん!!いつも食べているお刺身となんか違う!一味も二味も違う。」

二人で絶賛です。ほんと~に美味しい。でも何が違うんだろう?

そういえば、お刺身の造り醤油も味が違う。

(さりげなく、大将が取り寄せてらっしゃる元のお醤油を味見させてくれました。)

和食って奥深い・・・。

032 012

ちょうどお客様から噂を聞いていた、山口の日本酒「獺祭 純米大吟醸」

信楽の大原拓也さんの酒器で華やかな香りとともに贅沢にいただく!

019 030

お刺身で勢いのついた私達。「次は、次は。」と胃が催促しはじめたところで

ボリュームのある1品を。海老や銀杏など具だくさんのかき揚げ。 

あっつあっつをほうばりながら、香ばしさ・甘み・旨味をかみしめるのでした。

この頃から、お酒のあてへと・・・。

右は茄子の鳥味噌田楽。 このお味噌だけでも日本酒すすみますよ。

041 043

045 025

051 052

大原さんの蓋付碗。ふたを開けると、自家製おこげのあつあつあんかけ。

きっちりとお仕事されたお料理の数々とそれを盛られた器たち。

最後の最後まで堪能。

県外の作家さんをぜひお連れしたいお店がまたひとつ増えました。

・「和食 みよし」さん

営業時間  お昼 11:30-14:00  / 夜 17:30-23:00

場所     松山市千舟町3丁目4-2 西岡ビル 1F

TEL     089-932-1320

| | トラックバック (0)

オクリモノ展 明日最終日

オクリモノ展

12月24日(金曜日) 明日最終日となります。

会期中たくさんのお客様にご来店いただき誠にありがとうございます。

差し入れもありがとうございます。甘いものは元気がでます。

007

004_2

明日はクリスマスイブ。。

素敵な1日になると良いですね。

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

オクリモノ展: 富井貴志さんの作品

今日は寒くてしかもザアザア降りの雨の中、

駐車場がいっぱいになってしまい・・・大変ご迷惑をおかけいたしました。

足を運んでくださったお客様、本当にありがとうございます。

オクリモノ展はあと少し、24日(金)までの会期となっております。

079

Photo_2

静かなそして確かな意思が感じられる富井貴志さんの作品。

無数に刻まれた小さな彫り跡は端正な縁で流れを揃えます。

その境目がこの美しい対比を生みだしているのでしょう。

最後まで「無心」に削り続けたのではないかと思うほどの寡黙さです。

 072 069  

・shikimono  14,740円  ブラックウォルナット  20×20×h2cm

・shikimono  11,550円  楢材             20×30×h0.8cm

蜜蝋仕上げとなっております。 

Photo

「shikimono」 高さ1.2mmの差。 

この僅かな差が大きな表情の違いを作りだします。

shikimonoはすべて、そのままお料理をのせていただくことができます。

31500 073

・栗正角盆  31,500円 30×30×h3cm

 艶を無くした、隅々まで硬質なイメージの角盆。

・栗長皿  12,600円 12×36×h2cm

 チーズとバケット・・・。ワインを頂く時にぴったり。

089 005

・mamekuru ume 5,250円 8.8×h1.8cm 拭漆の黒と赤 

・mamekuru ume 4,725円 8.8×h1.8cm 蜜蝋仕上げ 

067 060

・mamekuru sakura  5,250円 9×1.8cm 拭漆の赤 写真下 

・mamekuru denjisou 5,250円 9×1.8cm 拭漆の黒 写真上

ふわりと浮き立つ立体的な花型の豆皿。 和菓子 やチョコレートに。

うつわSouSouHP→

 

 

| | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

オクリモノ展:追加作品が続々・・・

025 020

福島県より能登朝奈さんのパートドヴェールが入荷いたしました。

ほんのり色づいたガラスは、朝の光を透かしてとても幻想的です。

・六角ぐい飲み   4,725円 5.5~6.5×h4.5cm  sold out

・小壺                   8,400円 6×h8cm sold out

・高杯 紫         8,400円 12×h7.5cm sold out

・六角鉢 大       10,500円 18×20×h3.8cm sold out

・六角鉢            6,300円 15.5×17.5×h2.8cm sold out

047  054 056  052_2

紙作家:雨氣さん: 2011年のスケジュール帳  3,150円 17.5×10.5cm

1か月ごとのスケジュールは、様々な印刷物をコラージュして制作されています。

中を開けると・・・。

2011年と2012年のカレンダーがまず最初にあります。(これって便利ですよね。)

そして見開き2ページに1か月ごとのスケジュールが書き込めるようになっています。

その後は・・・素材も質感も様々なメモ用の紙が閉じられていて

1枚1枚見ているだけでも楽しくなります。1年が終わる頃、その年のことが

大事な思い出として綴られていることでしょう。。。

008 011 015 012

京都のキャンドル作家NURIさん。完売していたキャンドルが再入荷いたしました。

「1・2・3」(写真左上 525円) / 「2トーン」(写真右上 630円)

「ニーノ」(写真左下 368円)/ 「しましまとドットのアロマ」(写真右下 840円) 

届いております。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

オクリモノ展:松本伴宏さんの銀彩

002 イタリア旅行のお土産をいただきました。

チョコレートです。包みがまた可愛い!!栗・ナッツ・きのこの形。

もう一方は濃厚な珈琲味のチョコ。さすがドルチェの国ですね~。

チョコ好きスタッフと一緒にいただきました。Iさん、いつもありがとうございます。

005 007

松本伴宏さんの新作、銀彩のふたものにチョコ。

坂井千尋さんの絵皿とも相性がとってもいいんですね!

松本伴宏(滋賀県)

・銀彩ふたもの  5,250円 12.5×h9cm

・銀彩四方皿  14,700円 29.5×28×h3.5cm

024 132

滋賀県の清岡幸道さん、愛知県の野村亜矢さんからは

お願いしていた耐熱の器が届きました。

寒さ厳しくなる季節、ホカホカ、熱々のお料理が恋しくなりますね。

アイデア生かしていろんなレシピに挑戦してみてくださいませ。

直火もオーブンも使用可能です。

・清岡幸道 耐火手付鍋  7,350円  20.5(取手含むと22.5cm)×h7cm

130  135

・左:清岡幸道 耐火グラタンボウル 3,150円 13.5(取手含むと17.5)×h5cm

・右:野村亜矢 グラタンの器     3,360円 16.5(取手含むと18.5)×h5cm

*野村さんの器はすべて1点ずつですのでサイズは目安としてみてくださいませ。 

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

オクリモノ展 開催中。

うつわSouSou : オクリモノ展 開催中。

イベント初日・2日目と、オープンの11時にはすでに多くのお客様に

ご来店いただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

(10坪ほどの店内なので混みあってしまうとゆっくりご覧になって

いただけなかったのでは、、、、と反省しております。また、レジでのお会計

ラッピングなどで長らくお待たせしてしまったお客様、大変失礼いたしました。) 

またすでに完売してしまったものもあるのですが、明日・明後日・・・と

また追加で届くものがございます。 

寒い中ですので、皆様にあったかくなっていただけるような作品を

たくさん並べてご来店お待ちいたしております。

036

・LIVING STONE(千葉県)さんのフリーカップです。

濃淡のある独自の青。この色の「虜」になっている方も多いです。(私もその1人!)

017 019 018

京都のキャンドル作家 nuri さんは今年も大人気。

竹かごや和紙にのせると、落ち着いた和の雰囲気に。

真ん中の写真はお花の形をした「和菓子キャンドル」 

035

033 065

そして、とびっきりの作品を届けてくれた滋賀県の松本伴宏さん。

釉裏紅・銀彩・赤絵×銀彩と意欲的な新作もたくさん。

いぶし銀の大皿・ポップな丼・華やかな冷酒器など

今すぐ使いたくなるおすすめです。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

オクリモノ展 開催中 坂井千尋さんの絵のある器

東京の坂井千尋さんの作品。

041

手前左から:鳥、うさぎ、鶏、羊。  後ろ左から:オオカミ、犬、ブタさん。

042

*上のカップ反対側の模様です。

オオカミの裏には針葉樹。犬の反対側には猫がちょこんと顔をだしています。

ブタさんとコンビを組むのはネズミさん。

なんだか、大人にも愛される童話のように思えてきます。

013

010

絵柄のすべてが、1点ずつ描きこまれた作品。

写実的であればあるほど、愛らしさとユーモアのセンスが際立ってくるようです。

ケーキを食べた後に表れる絵柄が、貴方をくすくすっと微笑ませてくれるはず。。。

050 055

現在坂井さんは、美大の講師をつとめながら

ご自身の制作活動をされています。

陶歴 : 坂井 千尋

1974       横浜に生まれる
1998       女子美術大学工芸科 陶コース 卒

1998~2003   都内陶芸教室勤務
2004~2008   女子美術大学工芸学科 専任助手
2008~        制作活動及び同大学非常勤講師
現在 東京都日野市にて制作活動中。
うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

明日12.11(土)から オクリモノ展 手縫いの革の工房-qan:savi-

Sousou 034_dm

1年を締めくくる12月のお楽しみイベント 「オクリモノ展」

開催期間 : 12月11日(土)-12月24日(金) *会期中は無休。 

営業時間 : 11:00-19:00

お披露目の日が待ち遠しい作品の数々。

それらが完成するまでの丁寧な時間までお届けしたいと思っています。

・陶器: 松本伴宏(滋賀)  坂井千尋(東京)  LIVING-STONE(千葉)

・木工: 富井貴志(滋賀) ・ガラス: 能登朝奈(栃木)(パート・ド・ヴェール)

・キャンドル: nuri(京都) ・帆布BAG : natsumi(愛媛) 

・革: qan:savi(愛媛)   ・フェルト: 亀田直美(愛媛) ・紙: 雨氣(愛媛)

005 007

004 010

手縫いの革の工房-qan:savi-(かんさび)さんより作品が届きました。

主にイタリア製の牛革に真鍮のパーツ、ロウ引きした麻糸を使い

一針一針手縫いで制作されています。

カンサビさんの代表作の一眼レフ用のショルダーストラップや

カメラケース、BAG、ダイアリー、カードケース・・・

今回は新作のキーケースや新色のモスグリーンも加わりました。

一点ずつ表情が違い、使うほどに味わいの増していく革素材。。

ハンドメイドの良さを感じていただけたらなと思います。

004

かんさびHP→http://www.qansavi.com/atelier/index.html

うつわSouSouHP→http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

12.11(土)から オクリモノ展 natsumiさんの帆布BAG

1011_dm_omote

1年を締めくくる12月のお楽しみイベント 「オクリモノ展」

開催期間 : 12月11日(土)-12月24日(金) *会期中は無休。 

営業時間 : 11:00-19:00

お披露目の日が待ち遠しい作品の数々。

それらが完成するまでの丁寧な時間までお届けしたいと思っています。

・陶器: 松本伴宏(滋賀)  坂井千尋(東京)  LIVING-STONE(千葉)

・木工: 富井貴志(滋賀) ・ガラス: 能登朝奈(栃木)(パート・ド・ヴェール)

・キャンドル: nuri(京都) ・帆布BAG : natsumi(愛媛) 

・革: qan:savi(愛媛)   ・フェルト: 亀田直美(愛媛) ・紙: 雨氣(愛媛)

---------------------------------------------------------------

バッグ制作しているnatsumiさんから写真が届きました。

今日中には納品に来ていただけるとの事です。

帆布に革の取っ手。 裏地・切り返し・ポケットなど細部にわたって

natsumiさんの感性がちりばめられています。

ひとつひとつ違うカタチの中からお気に入りを見つけてみてくださいませ。

Img_0930_2 Img_2156 Img_6463

現在午後7時、常設の作品をほぼすべて撤収しているところです。

明日の準備のためにも今晩はがんばらねば・・・。えいっ!

うつわSououHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

12月11日(土)より オクリモノ展ハジマル。

Sousou 034_dm

1年を締めくくる12月のお楽しみイベント 「オクリモノ展」

開催期間 : 12月11日(土)-12月24日(金) *会期中は無休。 

営業時間 : 11:00-19:00

お披露目の日が待ち遠しい作品の数々。

それらが完成するまでの丁寧な時間までお届けしたいと思っています。

・陶器: 松本伴宏(滋賀)  坂井千尋(東京)  LIVING-STONE(千葉)

・木工: 富井貴志(滋賀) ・ガラス: 能登朝奈(栃木)(パート・ド・ヴェール)

・キャンドル: nuri(京都) ・帆布BAG : natsumi(愛媛) 

・革: qan:savi(愛媛)   ・フェルト: 亀田直美(愛媛) ・紙: 雨氣(愛媛)

021_2 023

茨城の笠間より阿部誠さんの器が届きました。*11日からの展示となります。

左のボウルはスタッフいちおしの器です。

緑・こげ茶・黒の釉薬にポップな絵柄が印象的な作品。

029 032

信楽の松本伴宏さんからは釉裏紅の作品(写真左)も届いています。

ほのかなピンクにラズベリー色。

我が家ではこの可愛い器にガッチガッチの和食を盛っています!!

でも苺とかリンゴとか、可愛く使ってみて欲しいな・・・。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

「和菜 いたや」さんでご馳走

先輩からの嬉しいお誘いがあり、珍しく金曜日に出かけてきました。

一番町にある「和菜 いたや」さんへ。

Img_1788 Img_1793 Img_1789 

Img_1795 Img_1794 Img_1798

お品書きに目を通すだけで、想像がふくらんできます。

迷いそうなのでひとまず、「白子がいい」とお願いしたら

Mさん迷わず「白子、焼きで!」と注文してくれました。

「お酢のものより焼いてるのがいいなあ」と思っていたので

こういうチョイスをしてもらうと、にんまり~と嬉しくなります。

(器は小野寺友子さんの黒釉鉢!!かっこいい)

野菜ソムリエの資格も持っていらっしゃる「いたや」さんならではの

美味しい野菜の食べ方も堪能。

今年のうちにもう1回行けるといいな・・・。

・和菜 いたや

松山市一番町2-4-11 土居ビル 1F

TEL 089-933-3002

| | トラックバック (0)

嬉しい・・・いただきもの。

*明日12月5日(月曜日)は、定休日となります。

024 003

お隣さんからたくさんの柿と銀杏をいただきました。

探せば、食べたいものを食べたい時に手にいれられる便利な時代。

だからこそ。旬のものを美味しい時期に美味しい状態で食べる。

言うのは簡単ですが・・・。 

近隣の皆さんは、たくさん採れる柿を最初はフレッシュな生の状態で食べて

その後、残りは軒先に吊るして干し柿に。

採ってきた銀杏も大きなザルで何日も何日も天日干し。  

毎年繰り返されるその光景が、いつも季節を知らせてくれます。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

12/11(土)よりオクリモノ展:松本伴宏さんの赤

033  032

11日(土)から始まる、オクリモノ展に参加いただく松本伴宏さんの作品。

モノトーンの器が多い中、見ているだけでもワクワクしてきそうな器です。

箱を開けたとたん、喜んでもらえる様子が想像できる

とっておきのプレゼントになりそう。

すべてひとつずつの絵柄ですので、お気に入りはお早目に!!

-オクリモノ展開催のお知らせ-

1年を締めくくる12月のお楽しみイベント 「オクリモノ展」

開催期間 : 12月11日(土)-12月24日(金) *会期中は無休。 

営業時間 : 11:00-19:00

1011_dm_omote

・陶器: 松本伴宏(滋賀)  坂井千尋(東京)  LIVING-STONE(千葉)

・木工: 富井貴志(滋賀) ・ガラス: 能登朝奈(栃木)(パート・ド・ヴェール)

・キャンドル: nuri(京都) ・BAG : natsumi(愛媛) 

・革: qan:savi(愛媛)   ・フェルト: 亀田直美(愛媛) ・紙: 雨氣(愛媛)

| | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

紅玉りんごのケーキ

008

お店にリンゴが並び始めた時にもってきてもらった

スタッフお手製の紅玉りんごケーキ。「紅玉」だからこのケーキなのだそう。

確かにリンゴのシャキシャキ感と酸味がしっとりコクのある生地ととっても相性いい。

ちょっと大人のラム酒の香りがたまらない。このケーキには紅茶だろうな・・・と

思いつつ、やっぱりセラヴィさんの珈琲でいただきました。

バタバタしている合間にホッとできる時間。いつも感謝してます!!

器は長島慶明さんのもの。

お忙しい長島さんですが、また来年作品制作していただく予定です。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

12月11日(土)よりイベント!!

Sousou 034_dm

毎年恒例になりつつあるオクリモノ展。

お披露目の日が待ち遠しい作品の数々。

それらが完成するまでの丁寧な時間までお届けしたいと思っています。

参加作家

・陶器 : 松本伴宏(滋賀)  

・陶器 : 坂井千尋(東京) 

・陶器 : LIVING-STONE(千葉)

・木工 : 富井貴志(滋賀) 

・ガラス: 能登朝奈(栃木) (パート・ド・ヴェール)

・キャンドル: nuri(京都)

・BAG : natsumi(愛媛) 

・革   : qan:savi(愛媛) 

・フェルト: 亀田直美(愛媛)

・紙   : 雨氣(愛媛)

今年も素敵な作品を店内いっぱいディスプレイする予定です。1011_dm_omote

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »