« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

高田かえさんの白マット楕円ボウル

静岡の高田かえさんよりまたまた新作が届きました。

抜群にスタイルの良い楕円型のボウルです。

手びねりのあとがかすかに見え隠れしながら、なおかつ全体像は

洗練されたスマートな印象。さすが高田さん!

048 056 

058 053

049_3 054

・白マット楕円鉢  3,675円   20.5×17×h6.5~7cm

・黒釉楕円鉢     3,675円 20.5×17×h6cm

手びねりによる作品となりますので、サイズが1点1点若干違うことがございます。

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

    

 

| | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

角掛政志:粉引7寸鉢と鉄釉6寸皿

073  071

・粉引7寸鉢 4,725円  21.5×h7cm sold out

柔らかな粉引と呼応してふっくらとした胴をもつ鉢です。

見込は平らに作られているのでお皿のようにもお使いいただけると思います

いきなり色染みする心配も無く、穏やかに育っていくという利点も楽しみなところ。

065 064 

きれいに重なります。

062 068

・鉄釉6寸皿  2,415円   18×h3.5cm sold out

切り身の魚ソテーにお野菜やソースをかけたり、煮魚と一緒にゴボウやお豆腐を

添えたり、唐揚げとつけ合わせのサラダを盛ったり。

一人分ずつおかずを盛る時に、ちょうどよいサイズ。

それにこの器、高台をとても広くとってあります。

そうすることで安定感が増すのです。お箸を良く使うお魚料理に特におすすめ。

また6寸皿というこのサイズ。余談ですが、作家さんに作っていただくとなると

金額とサイズのバランス感が非常に難しくなる大きさでもあります。

どの作家さんもものすごく頑張ってギリギリの金額をつけてくださって

いるのですが、それでも難しい時もあります。

それでいうと家族の人数分揃えやすいお手頃なこの金額設定、頭がさがります。。。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

角掛政志:鉄釉長皿・角皿

002_2  005_2

・鉄釉長皿   5,250円   34×13×h4cm sold out

角掛さんにずっと定番で制作していただいている器のひとつ。

普段は見ることの無い、底の部分も見事な作りとなっています。

001_2_2  Img_6486_3

愛媛ではお刺身の定番、鰹のタタキ。玉葱・ニンニク・・・など薬味多めでいただきます。

並べるだけなので盛りつけも簡単。また、食器棚には縦に置くとスペースもとらず

出し入れもしやすくなります。

040  045 

051  043

・鉄釉正角皿 5,250円 21.5×21.5×h4.5cm sold out

こちらもたたら成型の器。 シャープな印象を保ちつつ、縁に向かってつけられた

緩やかなカーブのおかげで、のせるお料理の幅が広がってきます。

ドレッシングやタレをかけるもの、煮汁のあるもの、きれいに盛りつけたいもの。

どちらでも応用がきく器。

060  056

・鉄釉リム角皿 2,100円 13×13×h1.5cm sold out

ケーキ・和菓子皿の他、1品盛っても上品に決まります。

写真右のように高台が低いタイプのカップでしたら、だいだいどれをのせても

しっくりと合います。これからの季節はグラスにもぴったり。

黒い色が下に添えられることによって、よりガラスのとろりとした質感を

お楽しみいただけると思います。

うつわSouSouHP→

 

| | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

角掛政志:マグ、カップ&ソーサー

021 024

・粉引面取そば猪口  2,205円  直径8.5xh7cm sold out

土っぽいマットな質感の粉引です。

・オセロ カップ&ソーサー  4,725円

カップ 直径10.5xh7.5cm(取っ手含む長さ:13cm)

ソーサー 直径15xh2.5cm

伸びやかなラインがとても美しく口当たりも良いC&Sです。  

026 027

・オセロマグカップ  3,150円  直径8xh10.5cm(取っ手含む長さ:12.5センチ) 

sold out

たっぷりサイズです。 たっぷりのミルクティーはいかがでしょう。

030 031

・粉引マグカップ  2,625円  直径8xh8cm(取っ手含む長さ:12cm)  

sold out

034 037

・あずき釉平小皿  1,050円  直径10.5xh1.5cm sold out

新作のあずき釉、粉引や黒釉とも似合います。

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

角掛政志:鉄釉猪口とフラットなケーキ皿

角掛政志さんの上品な猪口。

014 016

・オセロ猪口 1,890円 8.5×h7cm sold out

018 074

重なった姿も美しい。

076  109

・鉄釉平皿  2,415円 16.5×h1.5cm sold out

フラットなお皿なのでケーキ・焼き菓子・和菓子がとても引き立ちそう。

またこの器、実は大変手間のかかるお仕事なのです。

「パンやお菓子をこの形に焼きあげる」ということを想像していただくと

分かりやすいかと思います。

焼成温度1000℃以上でも、端がたれてきたり、歪んでしまったりすることなく

焼きあがっているということに驚かされます。

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

 

| | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

saburo Glass works  2011年6月11日(土)~26日(日)

013 048

-個展のお知らせ-

サブロウ ガラスの器 展

2011年6月11日(土)~26日(日)

午前11時~午後7時

*6月10日(金)、20日(月)はお休みさせていただきます。

サブロウさんのガラスはまだなの?個展はあるの?

この季節になるとお客様から良く聞かれる質問です。

小さなガラスのパーツをパズルのように並べ浮かび上がってくるモザイク柄。。

その透明感とは対照的なぽってりとした厚み。

デザイン性だけではなく、扱いの良さにも安心感があります。

多くのお客様にご支持をいただいて、今回4年目の個展を開催することとなりました。

まだ少し先ですが、現在着々と準備を進めております。

もうしばらくお待ちくださいませ。

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

h.motifs さんのお料理教室 いただきます。

h.motifsさんのお料理教室レポート続き。

いよいよ盛りつけも完成です。

036 037 

まずは前菜。 空豆・スナップエンドウの白和えです。

エンドウの小気味よい歯ごたえと、ほっこりとした空豆。

そしてアクセントにほんのり甘みのある黄ピーマン。

具材の組合せによって白和えもぐんと季節のおもてなし料理になるんですね!

そして「とこぶしの旨煮」。貝は柔らか~く、肝は煮詰めてあり濃厚。

日本酒や焼酎のおともに喜ばれそう。 

ちなみにお皿は伊藤丈浩さんのスリップウェア。和食もほんとかっこいい。

047 054 

そしてこちらは春雨・ズッキーニ・貝柱の炒め煮。

ズッキーニって火を通しても、こんなにきれいな緑色。

「お醤油をほんの少しにして、あえていろんな色をいれず白と緑できれいに

仕上げると、より爽やかな印象になります。銀彩の器とも相性いいですよ」

と、先生談。(なるほど~なるほど~。勉強になります。)

ホタテの旨味はしっかりあって、しかも優しいお味に仕上がっているので

いくらでも食べられそうです。 

039 057

写真左:メインです。 茹で豚のニンニクだれ。

昨日も書きましたが、お肉めちゃくちゃ柔らかいんです。ほんとにびっくり。

そして、もうお腹の底から刺激を受けるこのタレがたまらない。

美味い! 胡瓜もセロリも香草もこのタレが抜群に美味しくしてくれます。

写真右:食事を終えて、ご馳走様の後に嬉しいデザート。

揚げている途中からバナナの甘~い香りがたちこめてきます。

060 069 

下準備は終わっているので、あっと言う間にどんどんカラりと揚がってきました。

バナナとゆでアズキの揚げ春巻き、完成。

美味しいものの組合せには、ちゃんと理由があるんですね、先生!

お腹いっぱい、幸せいっぱい・・・。

うつわSouSouHP→

    

| | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

h.motifs さんのお料理教室

久々に時間ができたので h.motifs さんのお料理教室に行ってきました。

「皐月」のメニュー。 

今回のテーブルセッティングは初夏を感じさせる爽やかな青と白。

ちらりと見える銀色とスリップウェアの黄色がキーカラーとなっていました。

016 017

本日の食材は、豚肩ロース・空豆・ズッキーニ・生姜・スナップエンドウ・香菜・・・

珍しいところでは「とこぶし」。 調理するのは初めてです。

これを覚えていれば、アワビも調理できる!とのお話。

「いつか訪れるかもしれない時のために・・・」

021 026

材料はみんなで手分けしながらシャキシャキ準備していきます。

調理が始まると、その時々に味見をして味を覚えていくのですが

これが、お腹をぐ~っとうならせるのです。「お腹すいてきた・・・」

027 030

写真左:揚げたてをいただくために食後のデザートも準備しておきます。

バナナと小豆を包んでいるのですが、この初めての組合せにも

期待感が高まってきます。

写真右:茹で豚とたくさんの野菜。その上にニンニクや長葱・・・その他

いろいろ隠し味の効いたタレをたっぷりかけて・・・。

今まで自分で作った茹で豚や角煮、旨味があってしかもこんなに

柔らかくできたことがなかったのでちょっと衝撃的でした。

このレシピと「大事なコツ」を覚えていれば一人でも作れそうな予感。

それに、すべての調理が家でも無駄の無い順番で作れるように

教えていただけるのもとっても嬉しいところ。

やっぱり、自分達で作りながらだといろんなことすんなり覚えることができます。

レポートは明日へ続く。。。

うつわSouSouHP→

| | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

角掛政志:ポット色々

131

角掛さんのポット、今回は色々なタイプが入荷しています。

113 001

002 116

伸びやかなロクロ目が美しい白土(半磁器)のポットです。

ぽってりとした粉引とはまた違い、爽やかな白。

容量700ccとたっぷりサイズ。

・白土ポット 9,450円  容量 約700cc sold out

ポットの胴体部分直径   : 11cm  

蓋の合わせ部分内径    : 6.8cm

注口から取手までの長さ : 20cm

高さ                            : 13.5cm

119 124

145 152

梱包をはずした瞬間、「おおっ!」っと歓声があがりました。

中からでてきたのは、しっとりとした艶をまとった深く瑞々しい黒釉のポット。

角掛さん自らステンレスの板を切り、それを熱して叩くことによって

シャープな角度がつけられた取手。

手の力で叩いた痕跡が、冷たいはずの金属にさえどこか優しい温かさを

与えているようです。

そして最後の写真、ご覧になってみてください。

テーブルに接地している底の部分から上部にすっと斜めに切りあがっているのが

お分かりいただけますでしょうか。これは白土のポットにも施されています。

こうした細部にこだわってデザインされているからこそ

全体像が醸す美しさが本物になるのだと思います。

・黒面取/ステンレス取手ポット 12,600円 sold out 容量 約500cc

ポットの胴体部分直径   : 10cm  

蓋の合わせ部分内径    : 6.5cm

注口を含む長さ       : 13cm

高さ                            : 10.5cm(取っ手含む高さ:17cm)

*お茶の葉を入れたり、ポットを洗ったりすることができるように

取手は倒してお使いいただけます。

容量は、ポットの高さの八分目ほどいれた時のものです。

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz 

| | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

角掛政志:ポット

個展の時に制作していただいた角掛政志さんのポット、再入荷いたしまいた。

蓋に1本入ったライン、胴体には潔い面取が施されています。

細部にわたって妥協することなく形作られていながら、そこには緻密さというより

むしろ、しなやかな美しさが角掛さんの作品にはみてとれるのです。

108 109

103 106

・粉引面取ポット 10,500円  sold out  容量 約550cc

ポットの胴体部分直径   : 10.5cm  

蓋の合わせ部分内径    : 7.2cm

注口から取手までの長さ : 19.5cm

高さ                            : 11.5cm   

072 077      

086_2 071

・鉄釉面取ポット 10,500円   約600cc sold out

ポットの胴体部分直径   : 10.5cm  

蓋の合わせ部分内径    : 7.5cm

注口から取手までの長さ : 19.5cm

高さ                            : 11.5cm   

*この上にドリッパーをおいてそのままコーヒーを淹れる事もできます。

 容量は、ポットの高さの八分目ほどいれた時のものです。

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz 

 

| | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

中村恵子:呉須(ごす)縁の器

中村恵子さんの作品。

054 057

・呉須楕円鉢  2,415円  24×16.5×h3~4cm sold out

縁にあるのは、落ち着いたブルーグレーのライン。

愛媛でいうと、砥部焼の青い呉須。磁器の染付を一番に思い出しますが

陶器に配色されたこの色はぐんとシックな印象です。

縁の立ち上がりの角度はまさにカレー皿。また、平らな部分も広くとってあるので

お昼のワンプレートランチ用にも使い勝手良さそうですね。

065  067

・呉須浅鉢 1,575円 16.5×h4cm sold out

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz 

| | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

中村恵子:皹(ひび)粉引の器

046 043

左:皹(ひび)粉引リム皿 小    1,575円  16.5×h4cm sold out

右:皹(ひび)粉引×黒リム皿 小 1,680円  16.5×h4cm sold out

053 052

同じサイズの器ですが、縁に濃茶色がついているものとそうでないものとでは

実際に何かを盛った時にずいぶんと印象が違ってきそう。

また器を手にした時に感じられることですが、しっかりと焼き込まれていることが

伝わってきます。これはとても大事。使い続けるという事が念頭にきちんとあって

作られているのだと分かります。

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz 

| | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

中村恵子さんの器入荷しました

栃木県の中村恵子さんの作品をご紹介いたします。

オリーブグリーンと黒の釉薬の作品です。

のびやかなラインにオリジナリティあふれる色使い。黒のカップの口縁には

重ねられたオリーブグリーンの釉薬がアクセントになっています。

013 010_2

深緑カフェオレボウル  1,680円 直径11,5xh8cmsold out

黒たて湯呑        1,470円 直径7xh8.5cmsold out

035 

深緑ポット   7,350円 直径11xh14cm(口、取っ手含む:17cm)sold out

黒ポット     7,350円 直径10xh14cm(口、取っ手含む:17cm)sold out

使用容量 深緑:約600ミリ 黒:約400ミリ

019 024

深緑カップ  1,365円 直径8,5xh7cm sold out

皹粉引x黒カップ  1,365円 直径8,5xh7cmsold out

041 031

深緑マグカップ  1,680円  直径9xh9cm sold out

黒マグカップ    1,785円  直径9xh9cm sold out

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

SouSou×CAFE NEW CLASSIC VOL.3 終了

SouSou×CAFE NEW CLASSIC VOL.3 2日間のイベント終了いたしました。

初夏の陽射しの中、たくさんのお客様にご来店いただき誠にありがとうございました。

028 038

CAFE NEW CLASSICさんに似合いそうなシックな色合いの作品を今回は

集めてみたのですが、SouSouの店内で見ているのとまた違った印象になりました。

いつもご来店いただいているお客様からは、「店内で見るのと自然光で見るのとでは

また違う表情になるんだね・・・」とおっしゃっていただきました。

確かに、日本には障子を透した明かりで愛でたり、縁側・月見台でお茶やお酒を

楽しむということがありますね。カフェのテラスでも夕刻にかけ、器の陰影が

とても美しく見えてくる時間がありました。

019

015

009

そして「Freak made」さんのバック。

絵を描くように

色の合わせ方さすが気まぐれメイド!

061  073 

045  046

2日間フルにお仕事されていた髙橋マスター、今年も本当にお世話になりました。

また、次回よろしくお願いいたします。

珈琲やっぱり美味しい~。

| | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

明日より SouSou x CAFE NEW CLASSIC 開催

明日から7,8日(土、日曜日)の2日間

祝谷のCAFE NEW CLASSICにて

SouSouが出張販売いたします。

昨年の写真より↓

289

厳選された生豆をローストしたコーヒー豆。

その名のとおりナチュラルでスタンダードな店内。

角掛さんや石川さんのマグカップ。

そんなお店のオープンテラスで

カフェのイメージをご自宅でも楽しんでいただけるように

シンプルで機能的な器をセレクトして展示販売いたします。

-参加作家-

谷口晃啓(愛知)、中村恵子(栃木)、角掛政志(愛知)、田鶴浜守人(愛知)

渡辺キエ(栃木)、natsumi(愛媛:BAG)・・・

美味しいコーヒーを楽しくいただく。

お気軽にお立ち寄りくださいませ。

中村さんより作品届きました↓

006

SouSou × CAFE NEW CLASSIC  Vol.3  

日程    : 5月7日(土)・8日(日)  am 10:00~ pm 6:00

場所    : CAFE NEW CLASSIC オープンテラス

         愛媛県松山市祝谷6丁目1190-1 sola 2F

*CAFE NEW CLASSIC   ℡ 089-924-5506    HP→ CAFE NEW CLASSIC 

*うつわ SouSou         ℡ 089‐977-8594  HP→ うつわSouSou

   

| | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

5月7日(土)・8日(日)CAFE NEW CLASSICにてイベント開催

017 021 025 013

角掛政志さんからは待望の新作が届いています。黒釉・白土・アズキ釉。

イベントに合わせてかっこ良いフラットなケーキ皿もたくさん制作していただきました。

そして今回のポットは、秀逸!!

落ち着いた艶感の黒、縦型の鎬、金属の取手、たっぷりサイズの白土ポットなどなど。

すべて5月7日・8日限定:CAFE NEW CLASSICさんでのイベントで先行販売いたします。

024 027

谷口晃啓さんからはCAFEイベントにぴったりのドリッパーポットと鎬マグなど。

田鶴濱守人さんの渋い器もたくさん届いたので持っていこうと思っています。

田鶴濱さんファンの皆様、ぜひご覧になってくださいませ。

041   

-イベントのお知らせ-

2日間限定の出張イベント開催まで、あと少し! 

SouSou × CAFE NEW CLASSIC  Vol.3  

日程    : 5月7日(土)・8日(日)  am 10:00~ pm 6:00

場所    : CAFE NEW CLASSIC オープンテラス

         愛媛県松山市祝谷6丁目1190-1 sola 2F 

参加作家 : 谷口晃啓(愛知 中村恵子(栃木) 渡辺キエ(栃木)

         角掛政志(愛知) natsumi(愛媛BAG)

*CAFE NEW CLASSIC   ℡ 089-924-5506    HP→ CAFE NEW CLASSIC 

*うつわ SouSou         ℡ 089‐977-8594  HP→ うつわSouSou

| | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

高田かえ:長角板皿

038    

・高田かえ 長角板皿 3,675円  27×18×h1cm  sold out

*縦ストライプ(写真手前)と横縞タイプとあります。

まっ平らなこの形がとにかく潔いのです。あえて縁を作らないからこそ生まれる

美しさでもあると思います。 

O0340051211027439423 035 

遠藤文香さんの「毎日のうつわ」でもご紹介いただいた作品です。

本の中では、ひと口サイズのキューブ型お寿司がのせられていました。

ズッキーニやドライトマト、ブラックオリーブがお寿司のネタとなっていて

この器がよりモダンに見えてきます。

043 046  

011 049

写真左:アンチョビとトマトソースのバケット。

写真右:カップの横にはロールケーキくらいのサイズでも十分のせることができます。

ティートレイのイメージでぜひ使ってみてください。

022_2_2 Img_8099a

私用の器は、いつもおつまみが多いです。

それほど考えずに縦ストライプと横縞1枚ずつ選んでいたのですが

使ってみるとそれぞれ見え方が違っていました。

縦ストライプは、意外に大人っぽい印象に見えます!

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »