« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

2011年サブロウ個展終了いたしました。

サブロウさんの個展、無事に終了いたしました。

今年も本当に多くのお客様にご来店いただき誠にありがとうございます。

4年連続となるサブロウ展、お客様の反応はいかがなものかと思っていたのですが

多くのお客様が買い足しにいらして下さいました。

「使ってみて良かったから。。」

「この色の組合せどうかしら?」

たくさんの嬉しい言葉をいただきました。

また、色々なご意見、ご感想もいただきましたので

サブロウさんにお伝えして作品にフィードバック出来たらと思っています。

115

サブロウさんからいただいたお土産の押し寿司。

富山のおいしいもの、白海老・鰤・ホタルイカ・・・。

ほんのりとした甘みと、このしめ具合が大好きな味。

魚介類がちょっと苦手・・・と言っていたスタッフも「美味しい~」と連呼していました。

大人になりましたね。

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

サブロウ:ガラスの角皿小

009 3_2

113 003

110 096

角皿 小 3,150円  12.5×12.5×h1cm   

スタッフ特製!豆乳黒蜜プリン。 

個展準備の日に、「仕事の合間にどうぞ~」・・・なんて心優しいスタッフ。

焼くプリンとは違う食感。柔らかくて、でもちょっともっちり。作りたての

杏仁豆腐のような感じです。 黒蜜は別の瓶に入れてあり、食べる直前に

好きなだけかけていただきます。これが、またまた美味!(こんな味だったんだ。) 

お料理で使うのとはまた違ってダイレクトに黒砂糖独特の風味を堪能。

SouSouHP→

| | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

-qan:savi - 作品展のお知らせ

Sa_rah_2011_6

-作品展のお知らせ-

SouSouにはカメラストラップを納品していただいている

愛媛・松山の手縫いの革の工房

”かんさび”さんの作品展が大洲市のSA-RAHさんで開催されます。

qan:savi  革の手しごと展 -余韻-

2011年6月23日(木曜日)~26日(日曜日)

場所 : SA-RAH

       愛媛県大洲市五郎甲2680

TEL/FAX 0893-25-2882

営業時間 11時~夕暮れ

SA-RAH HP→ http://sa-rah.net

qan:savi HP →http://www.qansavi.com

今年の松本クラフトフェアにも出展され大いに刺激を受けた

”かんさび”さん。

イタリア産の上質な革の質感を手に触れて感じてみてくださいませ。

うつわSouSou HP →http://sousou.biz

  

| | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

サブロウ ガラスの器展:20日(月)は定休日となります

*6月20日(月曜日)は定休日となります。

メールの確認等も翌日となりますので

ご了承くださいませ。

106 017 

123 016

114 117

和風タパス。。

白に緑と茶、さくら色に白と黄色、こび茶に赤

納戸色に白と緑、水色に白と赤、抹茶色に緑と赤・・

小さな丸鉢はいろんな色を選んで遊んでみてはいかがでしょう。

色に色を重ねていく面白さ。食卓のアクセントになります。

・丸鉢小(各色)  3,360円 直径13 x h 3cm

うつわSouSouHP→http://sousou.biz  

 

| | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

サブロウ:ガラスの丸鉢大

・丸鉢大  10,500円   25~26×h4.5cm

A230_2  043

A:丸鉢大 納戸色

こちらもh.motifsさんのお料理教室メニュー。 茹で豚のにんにくダレ。

本当は香菜が必要だったのですが・・・、買い物に行く時間が遅くて見つからず・・・。

ミニセロリを代用。葱・にんにく・唐辛子がばっちりと効いたパンチのある味つけです。

(でも香菜入れたあの味にしたかったなぁ。。。)

お刺身のように、後ろ側に野菜を高く置いてその前にお肉を立てかけて盛ると

お料理の正面が作れておもてなし風にもなります。

B040_2C053_2

B:丸鉢大 水色  / C:丸鉢大 抹茶色

D066  0491_2

D:丸鉢大  手前から白・黒・抹茶色

うつわSouSouHP→ 

| | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

サブロウ:丸深鉢 

・サブロウ  丸深鉢 12,600円 24×h7.5cm (*サイズは若干個体差があります。)

135 134 

・丸深鉢 白色 A柄

142 005

お料理教室のh.motifsさんに教わったピクルスを作ってみました。

カリフラワーのかわりに蓮根、あとはセロリ・人参・パプリカ・玉葱・ニンニクなど。

コリアンダー・黒胡椒などたっぷり入れて、夏らしくスパイシーな風味に!

この深さ、広がり方、ほんとにいい形。こんもり盛るだけで決まります。

単色にしぼったグリーンサラダなんかもかっこよさそう。

Saburodm   

DMに使用しているのもこの器。 お花も似合います。

104

・丸深鉢 黒色 C柄

152 159

・丸深鉢 水色 C柄

037  127

・丸深鉢  水色 A柄 

013

046

6月19日、次の日曜日は父の日ですね。 

SouSouでは、グラスや陶器のマグカップ・酒器などプレゼントに

似合いそうな作品も揃えております。

うつわSouSouHP→ 

| | トラックバック (0)

サブロウ 丸鉢中 納戸・白・黒色

・サブロウ  丸鉢 中 4,725円 18×h3.5cm

176 168

写真左: 白色  (上からA・C・B・D柄)  

186 187

写真左 黒色 (右上:B柄 / 左下:C柄 )

深さも適度にあり、平らな部分もちゃんと確保されています。

218 106

写真左 納戸(なんど)色 (左上:A柄 / 真ん中:C柄/左下:B柄)

写真右 果物の色がより鮮やかに! 手前は納戸色、奥にあるのは水色。

184  216

丸鉢中は、色の組合せにほんとに迷わされます。

特にご家族の人数分揃えられる方、、、

一体何通りの組合せができるの・・・? 

それでも皆様、お好きな色の組合せってをちゃんとご存知のようです。

なんだか、洋服のコーディネートと似ていますね。

白+黒+抹茶色  渋かっこ良いイメージ。土物の器とも相性良し。 

白+黒+納戸色  現代アートを感じさせるほど強いインパクトが生まれます。

納戸+水色+白  はっきりと夏をイメージした食卓に。

まだまだ・・・色だけじゃなく柄でもイメージは違ってきます。

うつわSouSouHP→ 

 

    

| | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

サブロウ ガラスの中鉢 こび茶・抹茶・水色

・サブロウ  丸鉢 中 4,725円 18×h3.5cm

贅沢に・・・お刺身一人盛り。

先日伺った笑福さんで使っていただいているのもこのサイズです。

189195 

白×黒×こび茶の組合せでシックな大人のテーブルセッティング。

こび茶にトマトの真っ赤や、スナップエンドウの鮮やかなグリーン。

器だけで想像するより・・・食材の色を加えるともっとかっこよく見えてきます。

・写真右  こび茶 A柄  

198196

写真左 こび茶 B柄 / 写真右 こび茶 C柄

206  208

・写真左 抹茶 A柄 / 写真右の奥 抹茶 B柄

179 182

写真左 水色  (左上:C柄/右下:A柄)

写真右 深さもあります。真っ赤に熟れたトマトがおいしそうに見える色。

200  211

・写真左 抹茶 C柄 

・写真右 水色(右上)・抹茶(真ん中)・こび茶(下) 

優しい自然色の組合せ。

ちなみに・・・店頭では他の色よりこの三色、和食を好まれる方もしくは

渋めの焼物がお好みの方に選んでいただいていることが多いようです。

うつわSouSouHP→ 

| | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

サブロウ ガラスの器展 開催中

初日に来店されたサブロウさんと一緒にお寿司屋さんの笑福さんへ行ってきました。

最初満席とのことで「残念、無念」と思っていたところ・・・しばらくして

席が空いたことを女将さんが電話で教えてくれたのです!ツイテマス。

サブロウさんには「うつわSouSouで個展」→「笑福さんで夕食」というのが

「松山に戻ってきた感じがする」と言っていただいてたので、嬉しいかぎりです!

日中は珈琲とお茶しか口にしていなかったサブロウさん、きっとずいぶんお腹が

すいていらっしゃったことでしょう。(おもてなしできなくて、ごめんなさい)

066

マグロ・蛸・雲丹・鯵・烏賊・・。一人分ずつのお刺身盛りがガラスの中鉢に。

色は抹茶と白。 そしてその器に合わせて特別注文いただいた

お醤油用の豆角鉢がそえられています。

076

松山らしい味をサブロウさんにぜひ食べてもらいたかったので「しめ鯖」

黒色の長皿もつけ合わせのお野菜がアクセントになっててかっこよく盛られています。

もちろん、お味は間違い無しですよ❤

069  078

そのうち・・・厨房からは何やら香ばしい匂いがたちこめてきました。

たった今、藁で炙った鰹のタタキです。しかもお腹の部分。

燻製にも似たなんともかぐわしい香り。

少々の塩とスダチをきゅっとしぼっていただきます。

あ~たまらない。甘みのある鰹の脂とこの組合せ最高に美味い。

四国以外の方にはあまり知名度ないかもしれませんが

高知同様、愛媛でも美味しい鰹の塩タタキを食べれるのです。

さらにはこれまたどーんとでっかい殻付の牡蠣も焼いて・・・。いただきました。

久しぶりに、魚介を満腹になるまで堪能した夜でした。

サブロウさん、またぜひ松山へ!!

*笑福さん

  ・電話       089-977-3399
 ・住所       〒790-0903  愛媛県松山市東野1丁目2-50

 ・HP              寿司 笑福 HP

 ・営業時間   11:30~14:30 (ラストオーダー14:00)/18:00~22:00
 ・定休日    水曜日

 

*うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

サブロウ ガラスの器展 13日(月)は営業いたします

058 040

個展初日、11日(土)には富山からサブロウさんに来ていただきました。

富山→羽田→松山と飛行機を乗り継いでSouSouへ・・お疲れ様です。

毎年お越しいただいているお客様とお話されたり

作品の制作方法を初めてご来店いただいた方に丁寧に

説明していただきました。

003 014_2

おばんざい鉢にアンティークアジサイと時計草

大きな鉢は花器としてテーブルセンターに置いても素敵です。

・おばんざい鉢(白)    16,800円 直径28.5xh6cm

・ピンブロー一輪差(赤)   3,885円 直径8xh11.5cm

・サンドブラスト掛け花(赤) 5,250円 6.5x29.5cm

*ピンブロー:炉から取り出した熱いガラスの塊に穴を開け

濡らした新聞紙を差し込み水蒸気の膨張によりガラスを膨らませる技法。

マヨール、利休草、スカビオサ、クレマチス・・

Rin さんのお花でサブロウさんの花器に

生け込みました。

・オリジナルウェディングフラワーショップ Rin

 http://www.rin-flower.com/

 愛媛県松山市樽味4-14-9

 Tel&Fax 089-932-8739

涼しげなブルーやグリーンの一輪差や花器も

届いています。

031

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

6月11日(土)より サブロウ ガラスの器展 開催いたします

094

089

-個展のお知らせ-

サブロウ ガラスの器 展

2011 年 6 月 11 日 (土)~ 26 日 (日)    A.M 11:00 ~ P.M 7:00

*6月11日 (土) 午後 サブロウさんが、SouSouにいらっしゃいます

今回は総数400点の作品が届いています。

お花の似合いそうな小鉢や新しい模様の器等盛りだくさんです。

初夏を感じられるサブロウのガラス・・

皆様のご来店をお待ちいたしております。

102

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

うつわSouSou:6月10日(金)は休みです。

1105_dm_omote 038

6月10日 (金)は個展準備の為、休みとさせていただきます。

-個展のお知らせ-

サブロウ ガラスの器 展

2011 年 6 月 11 日 (土)~ 26 日 (日)    A.M 11:00 ~ P.M 7:00

*6月11日 (土) 午後 サブロウさんが、SouSouにいらっしゃいます

小さなガラスのパーツをパズルのように並べ浮かび上がってくるモザイク柄。。

その透明感とは対照的なぽってりとした厚み。

デザイン性だけではなく、扱いの良さにも安心感があります。

8121_2 Img_99831_2

角皿小・角皿大・角鉢・・・。

お料理が楽しくなってきそうです。

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

サブロウガラスの器展 6月11日(土)スタート

127 117 

-個展のお知らせ-

サブロウ ガラスの器 展

2011 年 6 月 11 日 (土)~ 26 日 (日)    A.M 11:00 ~ P.M 7:00

*6月11日 (土) 午後 サブロウさんが、SouSouにいらっしゃいます

*6月10日 (金)、20日 (月)はお休みさせていただきます。

富山県のサブロウさんからダンボール10箱以上の作品が届き始めました。

箱をあけてみると、新作が入っています!! 

写真左: ツバのある帽子を反転させたような愛くるしい形。

器の内側は透明のガラス、外側はサンドブラスト加工が施されています。

テーブルに置いてみると、ほどよいガラスのとろけ感とともに

すりガラスの淡い白色が優しくうつります。

*サンドブラストとは、ガラスの表面に砂などの研磨材を吹き付け

 すりガラスの状態を作る技法のことです。

写真右: 八角形の透明なガラスのパーツが規則正しく並んでいます。

そのひとつひとつのパーツのすき間を白色のガラス粉で埋めることで

生まれるこの繊細な文様。 染付の器のように涼やかな印象です。

まだまだ荷ほどきの最中ですが、、、

6月11日(土)には、すべての作品が並びます。もうしばらくお待ちくださいませ。

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

愛媛:松田酒造・宮の舞 新酒会

028

日曜日の夜。二番町にあるBAR。 Alc.hall addict の限定イベント。

愛媛県伊方町にある松田酒造さんの新酒会が開かれました。

ずらりと並んだ宮の舞の一升瓶。

なかなかお目にかかれない希少な日本酒もあります。

古くは、江戸時代から継がれてきた伊方杜氏の酒造りの技術。

日本酒とその土地で生まれた相性の良い食材。

039  046

くり抜きの木盆には酒器がいろいろあって、好みの器をチョイスしていきます。

最初は大吟醸の生原酒から。

054 049

同じく南予のおがた蒲鉾さん。 珍しい揚げ巻きと蛸ワカメの蒲鉾。

飲食店さんで人気の小野寺友子さんの角鉢にはヒジキ煮。

060 065

鮨桶には天然鯛の漬けがのったちらし寿司。石岡信之さんの花鉢にはおでん。

日本酒を堪能する仕掛けがいっぱいのイベントでした。

*Alc.hall addict  

今回の写真は、通常メニューではありません。あしからず・・・。

松山市三番町2-10-7 二宮ビル1F

TEL 089-946-0358

URL http://alc-hall-addict.com/ 

| | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

サブロウ ガラスの器展 2011年6月11日より

148 013

-個展のお知らせ-

サブロウ ガラスの器 展

2011 年 6 月 11 日 (土)~ 26 日 (日)

A.M 11:00 ~ P.M 7:00

*6月11日 (土) 午後 サブロウさんが、SouSouにいらっしゃいます

*6月10日 (金)、20日 (月)はお休みさせていただきます。

小さなガラスのパーツをパズルのように並べ浮かび上がってくるモザイク柄。。

その透明感とは対照的なぽってりとした厚み。

デザイン性だけではなく、扱いの良さにも安心感があります。

多くのお客様にご支持をいただいて、今回4年目の個展を開催することとなりました。

現在着々と準備を進めております。

もうしばらくお待ちくださいませ。

うつわSouSouHP→ http://sousou.biz

| | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

LE MISTRALさんにて

一番最初にLE MISTRALさんに伺ったのは、まだまだ寒い季節でした。

大通りから入った少し狭い道沿いになんとも誘われる雰囲気が漂っていまして・・・。

カウンター席とテーブル席ひとつ。隠れているわけではないのだけれど隠れ家的。

お料理に詳しそうなお客様も多そうです。今まで何度かお伺いしていたのですが

なかなかご紹介できてませんでした。それには理由がありまして、、、。

毎回写真を撮らせていただいていたのですがどうにも気持ちが高ぶってしまい・・・

途中で、お料理とワインに夢中になってしまうのです。

なので今日は酔っていない時に撮りためたものをようやくUPということになります。。。

Img_1867 Img_2046 Img_2064

いつも選ぶのに迷ってしまう前菜・おつまみ系。

前回美味しかったから、今度も同じものを頼もうかとも思うのですが

今日は今日で違うメニューがあるので新たなものも頼みたくなるのです。

タプナード。黒オリーブとアンチョビ。好物×好物の組合せ。

セルヴェル ド カニュ  に 鶏レバーのペースト ・・・。

まずこの小皿のメニューを一皿、二皿いただきながらゆっくりとワインも

スタートします。あくまで、ゆっくりです。(この時間が楽しい。)

Img_2056 Img_1866

生ソーセージ、白インゲン豆、春キャベツのトマト煮。

パテ・ド・カンパーニュ。 お肉のパテです。これがもう!!美味しいったら。

思い出したら、また食べたくなります。

Img_2059 Img_2053

ビュルゴー家のシャラン鴨、椎茸と白葱のロースト。

穴子と夏野菜のテリーヌ ガスパッチョ風ソース。

きれいでしょ~。見た目からも食欲そそられます。

詳しく分からないことも多いので、いつも矢野シェフに素材や料理方法のことを

少し尋ねてみます。 

そのお話がさらにおつまみになって・・・いつものように気持ちよく酔っていきます。    

・LE MISTRAL  BISTRO&BAR

松山市三番町3丁目・・・

| | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »