« 夏展:星耕硝子 (伊藤嘉輝) | トップページ | 夏展 早崎志保:タンブラー »

2011年7月26日 (火)

早崎志保:てんてん星の小鉢

012 115

夏といえば!そう桃です。なかなかきれいにカットできない桃ですが

鉢に入れるとしっくりとおさまります。

003

「ゆらぎ」「たわみ」という日本人らしい表現があります。

どの程度のことをいうのか曖昧でありながら・・・

そのニュアンスをしっかりと伝える言葉でもあるのではないでしょうか。

「歪める」「変形させる」という意図的、作為的な行為が無ければ無いほど

作り手自身がもつ感性が透かし見えてくるように思います。

早崎さんの器には、とらえどころがない「ゆらぎ」「たわみ」の美しさがあり

それが私達を魅了してなりません。

091 006

 ・てんてん星の鉢 2,940円 約 14×h6.5cm 

Ca380062 110704_17450001

写真はスタッフお手製のヴィシソワーズとマンゴー杏仁豆腐。

冷製のスープは夏の定番だそうです。作り方は簡単ですよ~。と言って

おりましたが。私は「・・・。」

杏仁豆腐はフレッシュなライムシロップをかけて。こちらはお料理教室の

h.motifsさんのメニュー。彼女はしっかりと習得しているようです。

うつわSouSouHP→ 

   

|

« 夏展:星耕硝子 (伊藤嘉輝) | トップページ | 夏展 早崎志保:タンブラー »

2011年 個展・企画展」カテゴリの記事

・お料理を盛って」カテゴリの記事

早崎志保」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/52315070

この記事へのトラックバック一覧です: 早崎志保:てんてん星の小鉢:

« 夏展:星耕硝子 (伊藤嘉輝) | トップページ | 夏展 早崎志保:タンブラー »