« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

余宮隆:酒器・花器・皿など

登り窯焼成の場合「どの窯の、どの場所に置くのか。」ということがより重要に

なってきます。そしてその場所に作り手が「何を置いて焼こうか」と考えることも

同じく非常に興味深いところなのです。

ある程度の予測を立て、あるいはこうあってほしいと狙いを定めて準備し・・・

火を入れ・・・やがて窯出しの時を迎える。

その時、良い意味での予想をはるかに超える裏切りが起こっていれば

作家にとってこの上無い喜びを感じることができるのでしょう。

Dsc_0001_2 Dsc_0006_4

・刷毛目片口  A 8,400円  約16×11×h7.5cm

Dsc_0062 Dsc_0012_2

・刷毛目片口  B 8,400円  約14.5×11×h7cm

Dsc_0056

・刷毛目片口  C 8,400円  約16×11×h8cm sold out

Dsc_0002_2 Dsc_0001

・粉引鎬片口 A 8,400円   約15×12×h8cm

Dsc_0004_3 Dsc_0006_3

・粉引鎬片口 B 8,400円   約15.5×12×h8cm

Dsc_0028 Dsc_0034_2

・粉引鎬片口 C 8,400円   約15×12×h8cm sold out

Dsc_0176_2 Dsc_0177

・刷毛目徳利 灰被り 10,500円 8(胴の一番広い部分)×h13cm

Dsc_0181_2 Dsc_0180_2

・刷毛目徳利 10,500円 8.5(胴の一番広い部分)××h13cm

Dsc_0037

Dsc_0039 Dsc_0042

・刷毛目8寸台皿 10,500円 24×h 3.5cm 

Dsc_0193_2 Dsc_0198

・黒釉鎬リム8寸皿 10,500円 25×h5cm sold out

Dsc_0239_4 Dsc_0241

Dsc_0005


・黒釉灰被り壺 8,400円 

(花入口):4.5×(一番膨らんでいる部分)10.5×高さ10cm

冬になると椿が似合いそうです。 

Dsc_0160 Dsc_0158
Dsc_0162

刷毛目四方鉢 3,150円 12×12×h5cm

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

余宮隆: 飯碗/緑釉鎬小鉢

田鶴濱守人 余宮隆 二人展 開催中

開催期間  ~ 11月6日(sun)

*通信販売をご希望のお客様へ

多くのお客様から「二人展」の通信販売についてお問合わせをいただいております。

大変ありがとうございます。

誠に勝手ながら、「二人展」会期中は店頭での展示販売を優先させていただきます。

定番の作品含め「二人展」ならではの作品を 足をお運びいただいたお客様に

まず見て、触れていただきたいと思っております。

その旨どうかご了承くださいませ。

通信販売に関しましては二人展終了後、11月6日(日)午後8時より

メールにて対応させていただきます。

*「二人展会期中」は、メールでのご注文・ご予約はお受けできません。

どうかご理解のほどよろしくお願い申しあげます。

*通信販売についての詳細は→ http://sousou68.cocolog-nifty.com/blog/sousou.html

余宮隆さんの飯碗。

Dsc_0027

Dsc_0013 Dsc_0021 
Dsc_0015 Dsc_0008

・緑釉鎬小鉢 3,990円  14×6cm sold out

銅を含有した緑釉は鎬(しのぎ)を施すことにより、さらに硬質さが増します。

この釉薬は「均一的」という言葉とは遠いのかもしれません。

しかし、そこにこそ焼き上がりの面白さがあります。

*訂正前、飯碗と記載しておりました。こちらは小鉢です。

Dsc_0185

・刷毛目飯碗 3,150円 11.5×h6.5cm sold out

Dsc_0189 Dsc_0192

すべて同一の飯碗ですが、それぞれ部分によって刷毛目の変化が

分かります。艶々の白いご飯に、青菜のお浸しやヒジキ煮をいれて小鉢に。

Dsc_0023 Dsc_0025

・灰粉引鎬飯碗 3,675円 12.5×h6.5cm sold out

土や灰に含まれる鉄分が焼成することで褐色の点となり現れます。

全体的にひかえめな艶がある碗。

Dsc_0033 Dsc_0028
Dsc_0035

・粉引飯碗 3,150円 12.5×h6.5cm sold out

鎬のある飯碗に比べると、ほっこり優しい持ち心地。

少し艶があるところとマットな質感が混在しています。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

田鶴濱守人:飯碗 ・ 鉢

田鶴濱守人 余宮隆 二人展 開催中

開催期間  ~ 11月6日(sun) 

明日10月31日(月曜日)は 営業いたします。

Dsc_0023_2

田鶴濱守人さんの器。

Dsc_0142  Dsc_0145_3

・粉引飯碗(大)  2,940円  14.4xh6.8cm

・粉引飯碗(小)  2,625円  13xh6cm

Dsc_0149

Dsc_0149_2  Dsc_0150

・落葉釉碗  2,940円  12.8xh6.5cm

Dsc_0156

Dsc_0147  Dsc_0154

・落葉釉掛分碗(茶/黒)  2,940円  13xh6.5cm  sold out

Dsc_0001_3  Dsc_0003

・黒錆釉掛分飯碗(白/黒)  2,625円  13xh6cm sold out

Dsc_0008_2


・黒錆釉飯碗  2,625円  12.5xh5.5cm sold out

Dsc_0009  Dsc_0010
淡いグリーンの灰釉が優しいボウル。 お料理が引き立ちます。

・灰釉粉引深鉢  4,200円  19.5xh10cm sold out

Dsc_0039 Dsc_0042

大胆な黒とアクセントになっている赤茶の刷毛目により

強い印象に加えて華やかさも感じられます。

・鉄刷毛目鉢  8,400円   25xh6.8cm sold out

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

田鶴濱守人・余宮隆 二人展 始まりました

田鶴濱守人 余宮隆 二人展

開催期間  ~ 11月6日(sun) *10月31日(月)も営業いたします。

Dsc_0025

Dsc_0110 Dsc_0111

田鶴濱守人さんの存在感際立つ黒錆釉尺鉢と鉄刷毛目尺皿。

・黒錆釉尺鉢    10,500円  sold out

・鉄刷毛目尺皿  10,500円  29xh5.5cm
  

Dsc_0130 Dsc_0133

余宮隆さんの刷毛目の器。 一瞬の潔い刷毛の動き。

・刷毛目5寸鉢 3,675円 15.5×h6cm

 
Dsc_0127

・黒釉鎬たわみ鉢 10,500円 23.5×21.5×h10cm  

余宮さんが得意とされているであろう形だということが、伝わってくる作品。

緩やかなカーブを描く線は、たわませるというより

轆轤の作用と作り手の呼吸のリズムに手を合わせたという印象です。

深緑・錆茶・褐色など、複雑に混在した黒色と鋭角な鎬が凛々しい。

いつも早い段階で即決されるお客様は、ご自分の好みをしっかり把握されて

いらっしゃる方が多いと思うのですが、、、。今回は二人の作品展です。

二人の作品がお好みのお客様には、個数も種類も2倍!!

しかも、焼き上がりがひとつひとつ違うのです。

直感プラス!どうぞ十分に時間をかけて吟味いただきたく思っております。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

田鶴濱守人 余宮隆 二人展 10月29日(土)から開催いたします

1110_dm_omote

-企画展のお知らせ-

田鶴濱守人 余宮隆 二人展

開催期間 2011年10月29日(sat)-11月6日(sun)

営業時間 11時~19時

会期中は無休です。 10月31日(月)も営業いたします。

黒錆釉、粉引、刷毛目、灰粉引、緑釉、飴釉・・・

いよいよ明日29日(土)から二人展開催いたします。

ただいま、お二人の作品をディスプレイ中です。

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

Dsc_0008 Dsc_0007

Dsc_0002_4 Dsc_0004

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

田鶴濱守人・余宮隆 二人展 10月29日(土)スタート

*明日、10月28日(金)は企画展準備のため休みとさせていただきます。

1110_dm_omote

-企画展のお知らせ-

田鶴濱守人 余宮隆 二人展

開催期間 2011年10月29日(sat)-11月6日(sun)

会期中は無休です。 10月30日(月)も営業いたします。

黒錆釉、粉引、刷毛目、灰粉引、緑釉、飴釉・・・

「剛健」 「実直」 そんな言葉がふと頭に浮かんできます。

「土と釉薬」 無限の可能性に挑戦し続ける、その姿勢も頼もしいのです。

Dsc_0012 Dsc_0028_2

余宮隆さんの鎬の器。 

灰粉引鎬5寸たわみ鉢 /灰粉引鎬7寸リム皿  

今回の作品、かなりいい焼き上がり。 

芯までしっかりと焼きこまれているのが見てとれます。

ほっこりとした和食に。 軽い朝食のパン皿に。

これほど渋い焼き上がりなのに、不思議とのせるもので印象が違います。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

田鶴濱守人・余宮隆 二人展 10月29日(土)より

*10月28日(金)は準備のため休みとさせていただきます。

-企画展のお知らせ-

田鶴濱守人 余宮隆 二人展

開催期間 2011年10月29日(sat)-11月6日(sun)

会期中は無休。

*10月31日(月)も営業いたします。

Dsc_0004

余宮隆さんの灰粉引は形も数もたくさん届いています。

Dsc_0002

緑釉・飴釉のこっくりとした深い色合い。

安心感のある秋らしい器がたくさん届いていますよ。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

田鶴濱守人 余宮隆 二人展 10月29日(土)スタート

*明日10月24日(月曜日)は定休日となっております。

1110_dm_omote_2

Dsc_0058 Dsc_0056_21

-企画展のお知らせ-

田鶴濱守人 余宮隆 二人展

開催期間 2011年10月29日(sat)-11月6日(sun)

会期中は無休。

*10月31日(月)も営業いたします。

*10月28日(金)は準備のため休みとさせていただきます。

黒錆釉、粉引、刷毛目、灰粉引、緑釉、飴釉・・・。

田鶴濱守人さんからは意欲的な新しい釉薬の作品も届きます。

一足先に、淡緑色の灰釉碗と掛分碗を拝見したのですが

これがいい! しっかりと焼き込んだ安定感とともに柔らかさも感じられます。

もうしばらくお待ちを!

余宮隆さんからは登り窯の作品も届く予定です。

明日、窯出し。という日にご連絡をいただきました。

何度も繰り返してきたこの作業も、この時ばかりはドキドキされるそうです。

早く届かないかな・・・。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

野村亜矢:グラタン皿 長角型

昨日に引き続き、野村亜矢さんのグラタン皿。

・長角型オーブンウェア B 7,875円 sold out

外寸: 26(取手含む)×22×h7cm

内寸: 23×20.5×h6cm

角型なので二人分くらいのおでんがきれいに盛れそうです。

(卓上コンロで、温めることもできますしね。)

Dsc_0028

Dsc_0029 Dsc_0031

・長角型オーブンウェア C 7,875円 sold out

外寸: 27.5(取手含む)×21.5×h7cm

内寸: 22.5×20×h6.5cm

Dsc_0035

Dsc_0034

Dsc_0036

スタッフからの簡単レシピ第2弾。

キャベツと豚バラ肉を順番に重ねて塩とブラックペッパーで味付け。

蒸し煮にして最後にポン酢。器ごとテーブルにだして取り分けていただきます。

お好みでゴマ油をかけてもよし。

111018_17320001 111018_18250001_2 111018_18400001

*通信販売をご希望のお客様へ↓ 

http://sousou68.cocolog-nifty.com/blog/sousou.html

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

野村亜矢:グラタン皿 オーバル型  

・オーバル型 オーブンウェア A  8,400円 sold out

外寸: 29.5(取手含む)×20.5×h7.5cm

内寸: 23×20.5×h6.5cm

グラタンもこれで作ると、豪華なメイン料理に。

また、子供に人気のカレードリアも作れます。

オーブンウェアですが、土鍋と同じく耐火粘土を使用しているので直火も大丈夫。

大きなお鍋をだすほどでもない…なんて時には、ほんとに重宝します。

例えば「わりした」を用意しておく簡単すき焼き、鶏もも肉ときのこの炒め煮など。

そして、もっと単純に考えてみると!

楕円型の器としてお料理を盛ってもよいわけです。

大きなサラダ鉢、カットしたバケットを入れる器、洋風のちらし寿司

鍋料理の最後にいれる春菊やお肉を盛る器・・・まだまだ応用ききそうです。

Dsc_0016 Dsc_0018

Dsc_0025

熱々をテーブルへ! 料理好きなスタッフからのレシピです。

私でもすぐ作れそうな簡単なものを教えてもらいました。

・ポテト・牛肉・チーズの重ね焼き

薄切りの牛肉と、3mmほどにスライスしたジャガイモを

軽く塩・ブラックペッパーで炒めておきます。

オーブンウェアにジャガイモ→牛肉→チーズの順に2回重ねていきます。

最後に180℃のオーブンで5分。直火の場合は、アルミ箔をのせて弱火で8分。

最後にパセリのミジン切りをのせて完成。

みんなでふぅふぅしながら、取り分けていただきます。

お試しあれ!

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

 

 

 

| | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

野村亜矢;2~3人用 オーバル型 土鍋

私が使っているのは、このサイズ。コンパクトですが二人分なら十分の容量です。

お腹がすいている時、もしくはお鍋料理だけの時には2回目の具材を少し足すくらい。

ご飯は3合炊けますが、噴きこぼれないよう時々様子を見てあげるのも大事。

ほんの少しだけ、こうばしい香りがしてきたら火を止めて「蒸らし」の時間をおきます。

そうすると、土鍋の底にちょうど良い「おこげ」ができあがっています。

お客様ともお話していたのですが、土鍋で炊いたご飯は冷めても美味しいのです。

(炊きたてはもちろん抜群!!)

Dsc_0014

野村亜矢 オーバル型土鍋 2~3人用 17,850円 

Dsc_0015

写真手前がAタイプ、奥にあるのがBタイプ。

Dsc_0003 Dsc_0005

Dsc_0008 Dsc_0009

A sold out

外寸 :20×24cm/両横の取手含むと31cm/蓋を含む高さ15cm

内寸 :17×21.5cm/深さ9cm

Dsc_0010


Dsc_0013

B sold out

外寸 :20.5×24cm/両横の取手含むと30.5cm/蓋を含む高さ15cm

内寸 :17.5×22cm/深さ10cm

Dsc_0001

毎日のうつわ (遠藤文香著)に掲載されている我が家の土鍋。

冬だけじゃなく一年通して使える、いい道具になっています。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

野村亜矢: 2~4人用 オーバル 土鍋 

野村亜矢 オーバル土鍋  2~4人用 18,900円

Dsc_0046 Dsc_0045

Dsc_0047 Dsc_0044

・Cタイプ sold out

外寸 :23.5×26.5cm/両横の取手含むと33cm/蓋を含む高さ14.5cm

内寸 :21×24cm/深さ7cm

Dsc_0052

Dsc_0056

Dsc_0055

・Dタイプ sold out

外寸 :24.5×26.5cm/両横の取手含むと33cm/蓋を含む高さ14cm

内寸 :21×24cm/深さ7cm

Dsc_0040

写真上から、D・A・B・C となります。

容量はどちらも、それほどの違いはございません。

むしろ蓋の模様・取手の形などで、お好みのものを選んでいただくことを

おすすめいたします。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

野村亜矢:2~4人用 オーバル 土鍋

*本日10月17日(月)は定休日となっております。

野村亜矢 オーバル土鍋  2~4人用 18,900円

ご飯は余裕をもって、3合炊くことができます。

Dsc_0020

Dsc_0022

Dsc_0023

Dsc_0025

Dsc_0027

・Aタイプ sold out

外寸 :24.5×26.5cm/両横の取手含むと32.5cm/蓋を含む高さ15.5cm

内寸 :24×21cm/深さ8cm

Dsc_0030

Dsc_0033

Dsc_0035

・Bタイプ  sold out

外寸 :24×26.5cm/両横の取手含むと33.5cm/蓋を含む高さ14.5cm

内寸 :24×21cm/深さ9.5cm

サイズは、あくまで目安となっております。

ご家族の人数、いつもの食事の量、来客が多いかどうかなど

条件や使われるシチュエーションよっても違ってくると思いますので

詳しく聞きたいとおっしゃられる方は、ぜひお声をかけてくださいませ。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

野村亜矢:5~6人用の土鍋

Dsc_0009

野村亜矢さんの土鍋、一番大きいサイズです。

Dsc_0010

水炊き・寄せ鍋・キムチ鍋・・・なんでもOKの万能型。

魚介の具材が多い時は特に蓋を開けた時の華やかさが違います。

Dsc_0012 Dsc_0013

すっきりとした持ち手に、四角のつまみ。

野村さんの土鍋はぜひ、蓋をしたまま食卓へ運んでいただきたい!

見せ方で、お料理の味だって違ってきます。

Dsc_0016

おおらかにとられた見込み。 光って見えますが、マットな黒色です。

Dsc_0006

真上から見ると。

Dsc_0019

底部分。丈夫な土鍋ですが、この部分はちゃんと乾いていることを確かめてから

火にかけてくださいませ。 何度も使ううちに、底は焦げ色もついてきます。

それを見ていると、「頑張ってるなあ、我が家の土鍋は」と思います。

・丸型土鍋 5~6人用 26,250円 sold out

外寸 :直径31cm/両横の取手含むと38cm/蓋を含む高さ16cm

内寸 :直径27.5cm/深さ9.5cm

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

野村亜矢:オーバル土鍋 3~5人用

Dsc_0033

洋風の鍋料理にも似合う少し深めのタイプ。

鶏肉のトマト煮込みやビーフシチューなど、コトコト煮てやってください。

柔らかく仕上がります。ご飯ものなら4合、余裕をもって炊くことができます。

Dsc_0037

真上からみると、きれいなオーバル型。

Dsc_0005

蓋のつまみ部分。 装飾を施してあるだけではなく、持ちやすくなっています。

Dsc_0004

側面下部分にご注目。野村亜矢さんはひも作りという技法で制作されています。

土のひもを輪っかにして、その上にまたひもの輪っかをのせ、つないでいく。

通常ならポコポコとした手跡が残り、より手作り感が増すのですが

そこは、野村さん! スマートに仕上げられています。

ヘラで掻き落とすことでこの下の部分にも豊かな表情を作りだしているのです。

Dsc_0039

内側の底も楕円型。 ろくろ挽きだと作れないのです、このカタチ。

さらに容量も増えて、見た目以上にたくさん入ります。

Dsc_0034

・オーバル土鍋 3~5人用 21,000円  sold out

外寸 :26.5×22/両横の取手含むと34cm/蓋を含む高さ16.5cm

内寸 :24×19cm/深さ10cm

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

野村亜矢: 1人前の土鍋

・丸型土鍋 1人用 12,600円  野村亜矢 作

Dsc_0026 Dsc_0029

1.ストライプ柄 :直径16.3cm/両横の取手含むと20.7cm/高さ12cm

  内径:直径13.5cm/深さ7cm sold out

2.ドット柄    : 直径16.3cm/両横の取手含むと20.5cm/高さ11.8cm

  内径:直径14cm/深さ6.5cm sold out  

Dsc_0046

野村亜矢さんの土鍋には安心感があります。

直火にかけるものですから、耐火性にすぐれていることはもちろんですが

ちょうど良い厚みが、この土鍋最大の魅力。 

金属の鍋と比べると温まるまで少し時間はかかりますが、その後の保温性は

抜群です。弱火で十分! 

見た目の可愛さに加え、しっかりとした使い勝手の良さ。

毎年、定番になっている理由があります。

土鍋だけど、蓋付の器にして使ってもいいんじゃないでしょうか。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

野村亜矢:土鍋・湯呑・カップ入荷

*明日10月11日(火曜日)は振替休日とさせていただきます。

Dsc_dm_21

Dsc_0063 Dsc_0056_2

-企画展のお知らせ-

田鶴濱守人 余宮隆 二人展

開催期間 2011年10月29日(sat)-11月6日(sun)

会期中は無休です。 10月30日(月)も営業いたします。

*10月28日(金)は準備のため休みとさせていただきます。

Dsc_0056 Dsc_0048

野村亜矢さんの土鍋やカップ・マグなどいろいろ入荷しております。

Dsc_0027

湯豆腐や雑炊に。 1人前の小鍋。12,600円 sold out

Dsc_0053_2 Dsc_0052_2

蓋のつまみや、鍋の両横取手などすべて細工が違います。

・オーバル型土鍋  (17,850円~26,250円)

もう土鍋の季節になったのですね。毎年のことながら、我が家でもそろそろ

鍋料理が続きそう・・・。

野村亜矢さんの土鍋は、ご飯もふっくらツヤツヤに炊くことができますよ。

きのこご飯、鯛めし、栗ごはん・・・秋は美味しいものづくし。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

京都、かぎや政秋の「ときわ木」

京都の菓匠かぎや政秋の「ときわ木」を頂戴しました。

上品なつくりのお箱。中を開けると松葉が入っており、なんとも風流。

ほろりとした甘味は、濃いめの緑茶に合います。 

小豆本来のお味をしっかりと堪能できるお菓子でした。ご馳走様です。。

Dsc_0112 Dsc_0123

中田正隆 作

・染付 よろけ縞高台鉢 大  3,150円  18×h8cm sold out

・染付 よろけ縞高台鉢 小  2,625円  15.5×h7.5cm sold out

お菓子をのせているのは 小サイズです。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

田鶴濱守人・余宮隆 二人展 10月29日より

企画展のお知らせ。

Dsc_dm_2

田鶴濱守人 余宮隆 二人展

開催期間 2011年10月29日(sat)-11月6日(sun)

会期中は無休です。 10月30日(月)も営業いたします。

*10月28日(金)は準備のため休みとさせていただきます。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

「波ル」さんで久々の再会に乾杯

友人が東京より久々に帰省。うんと新鮮な松山の魚を食べてもらいたくて

お寿司屋さんの「波ル」さんへ。

Dsc_0002_2 Dsc_0006_5 Dsc_0010_2

瀬戸内三昧の魚介。サザエにタコ・鯵・あぶらめ・鯖・車海老・赤貝・・

Dsc_0004_3 Dsc_0012_2 Dsc_0023

「土もの」の器っていいなあ~、いい色になってきたなあ~と・・・独り言。

Dsc_0018_2 Dsc_0021 Dsc_0022

瀬戸内は魚介の種類が実に多いんだなあと、県外にでた知人から

教えてもらうこともしばしば・・・。

もちろん東京だとほとんどの食材があるのだろうけれど・・・

お財布を気にしないで(いや、松山でも気にしているが・・・)

もりもり堪能できるって素晴らしい。
 

・鮨 波ルさん

松山市大街道2-2-8 モスリン館1F

℡ 089-943-0039
 

| | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

石岡信之:個展終了いたしました。

石岡信之さんの作品、残り少なくなっているのですが、、、

多くのお客様からお問い合わせいただいた通信販売を本日午後8時から

受付開始とさせていただきます。

ページ右側上部の 「ウェブページ」→「石岡信之:個展作品 通信販売」」より

ご覧くださいませ。

*在庫切れの場合もあるかと思いますが、どうかご了承くださいませ。

*10月3日(月曜日)が定休日となっておりますので 

  4日(火曜日)以降にメールの返信をさせていただきます。

1108_dm_omote11


今個展では四国在住の方々、東京・千葉・愛知・大阪・兵庫・島根・熊本・・・など

本当に遠いところからはるばる愛媛まで足を運んでいただき

スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

また東日本大震災で石膏型が壊れてしまったり、余震が続く中での制作となったり、、、

大変な日々の中、今回の個展に向けて900点以上の作品を

届けてくださった石岡信之さんに感謝いたします。

若い作家さんが新しいことに挑戦しつづける姿に、私達も真摯に向き合っていこうと

改めて感じた個展でした。 皆様、本当にありがとうございました。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

| | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

石岡信之:ボトル花器

石岡信之さんの個展作品について。

通信販売に関しましては個展終了後、10月2日(日)午後8時より

メールにて受付開始とさせていただきます。

各種類、点数が少なくなっております。在庫切れの場合はご了承くださいませ。

Dsc_0007

鋳込制作された花瓶。 草花がなくても十分な存在感があります。

白い壁に映える淡青釉。 コンパクタの実が赤くなり、葉は褐色に色づいてくると

秋らしい雰囲気にどんどん変わってきます。 

冬は紫のクレマチス、夏はローズマリーのグリーン、春はオレンジのダリア。

四季折々の草花と淡青色のコントラストをお楽しみくださいませ。

Dsc_0004_2 Dsc_0006_3

・淡青 ボトル花器 9,450円  幅11×奥行6.5×高さ31cm

口部分 2.5×3cm ほんの少し楕円型になっています。

何人かのお客様はお名前までご存知だったアナベル(グリーンアジサイ)。

石岡信之さんにも気に入っていただけたようです。 よかった。。。

Dsc_0001_3 Dsc_0014

・白ボトル花器  8,400円   幅11×奥行6.5×高さ31cm

口部分 2.5×3cm 

土もので鋳込制作すると、より表面が柔らかい質感になります。

轆轤でも手びねりでもない、この独特の滑らかさ!

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

 

| | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »