« 清岡幸道:灰白リムボウル 耐熱手付鍋 | トップページ | オクリモノ展 12月3日(土)よりスタート »

2011年11月26日 (土)

川口武亮さんが来店! 粉引・三島・灰釉 飯碗

イベント期間に多くの作家さんから続々と届いていました作品が

今、店頭に並んでいます。

今日は、佐賀県の川口武亮さんの作品をご紹介したいと思います。 

気品のある粉引と淡く優しい緑の灰釉。そして器好きにはたまらない三島手。

同じ土、同じ白泥の粉引も、艶を与えたものとマットな仕上げのものとでは

印象がずいぶんと違っています。 

Dsc_0069

・マット粉引飯碗 大 3,150円 13×h6cm sold out 

・マット粉引飯碗 中 2,940円 12×h6cm sold out 

*粉引飯碗は sold out となっております。

Dsc_0071

・粉引鎬飯碗 大 3,150円 13.5×h6.5cm 艶あり sold out

・粉引鎬飯碗 中 2,940円 12×h6.5cm  艶あり sold out

Dsc_0073

・三島丸文飯碗 大 3,360円 13×h6cm 艶あり sold out

・三島丸文飯碗 中 3,150円 12×h6cm 艶あり sold out

Dsc_0085

・三島丸文飯碗 大 マット 3,360円 13.5×h6.5cm sold out

・三島丸文飯碗 中 マット 3,150円 12.5×h6cm sold out

Dsc_0076

・灰釉粉引飯碗 大 3,360円 13×h7cm sold out  

・灰釉粉引飯碗 中 3,150円 12×h6cm sold out

Dsc_0086

・灰釉粉引鎬飯碗 大 3,570円 13×7cm sold out

・灰釉粉引鎬飯碗 中 3,360円 12×7cm sold out

実は本日、川口ご夫妻がSouSouに来店されました!!

高知の お茶とギャラリー 1188 さんで現在個展を開催されているそうです。

(お近くの方はぜひぜひ、ご覧になってくださいませ。)

初日・二日を終え、その帰りに愛媛へお立ち寄りいただきました。

(四国に住んでいると、高知と愛媛は意外に遠い、と思う。)

焼き物談義をしばし・・・。 お話を伺って、はじめて知り得ることも多いものです。

そして話せば話すほど、「点と点がつながって線になる」かのように

作品と作り手がリンクしてきます。 ずっと焼き物を見ていると、どの作品も

作り手の一番コアな部分が如実に表れていると感じます。

川口さんの奥様と、ちょうど同じような話をしていてやっぱりそうなんだ・・・と

改めて実感しました。。

最後に「川口武亮さんのイベントぜひ開催しましょうよ!!」ということになり・・・。

日程を調整して、決まりましたらお知らせいたします。 (楽しみだ。。。)

 

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

|

« 清岡幸道:灰白リムボウル 耐熱手付鍋 | トップページ | オクリモノ展 12月3日(土)よりスタート »

川口武亮」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/53282977

この記事へのトラックバック一覧です: 川口武亮さんが来店! 粉引・三島・灰釉 飯碗:

« 清岡幸道:灰白リムボウル 耐熱手付鍋 | トップページ | オクリモノ展 12月3日(土)よりスタート »