« 鈴木進:黒プレート・粉引線刻の器 | トップページ | カメラショルダーストラップ 革 »

2011年12月10日 (土)

鈴木進:真鍮取手の注器とお急須

鈴木進さんの注器・お急須はすべて、水のキレが素晴らしく良いのです。

店頭ではお水を入れて試していただいていますが・・・皆様、それをご覧になられて

「おぉっ!」っと歓声があがります。真鍮の取手もすべて鈴木さん制作。

(取手は取り外しできます。)

細部にわたって「使う」ということをきちんと考えられた作品に脱帽。

ADsc_0054CDsc_0136

BDsc_0007

BDsc_0108

・粉引鎬注器    A  5,250円 幅14×h17.5cm   容量:八分目で400ml sold out  

・粉引鎬注器 小 B 5,252円 幅12.5×h15.4cm  容量:八分目で200ml sold out  

・粉引線刻注器  C  5,250円 幅14×h17.5cm   容量:八分目で300ml sold out

*幅は注ぎ口と本体までの長さ。 真鍮の取手付き。

*Bの写真、右にある粉引鎬ポットは sold out

Dsc_0055_2 Dsc_0059

Dsc_0129_2 Dsc_0131

・粉引線刻カップ   2,625円 約 8×h7.3cm  sold out

・粉引線刻カップ小 2,415円 約 7.5×h6.7cm sold out

カップ小は少し大きめのぐい呑として注器とセットになります。

気付くか、気付かないか・・くらいのほんの少し、丸ではありません。

ぽってりとした感覚が手に伝わる一方、口縁はとてもシャープ。

それが絶妙に心地良い。

私はこのカップを長年、大事に大事に・・・冷酒用に愛用しております。

Dsc_0023 Dsc_0041

Dsc_0032 Dsc_0030

・粉引鎬鉢 3,150円 13×h 6cm sold out  

台形型のスマートな小鉢です。 お皿を添えると、デザートの器。

Dsc_0096 Dsc_0107_2

炭をしきつめたサヤの中に入れ、還元状態で炭化焼成したお急須。

黒釉とも、焼締の窯変とも、まったく違う魅力があります。

Dsc_0104_2 Dsc_0108_2

・炭化焼締鎬急須 10,500円 15cm(取手と本体まで)×h8.5cm 

 容量:八分目で250ml  sold out  

 *本体は光って写ってしまいましたが茶漉し部分をご覧になっていただきたくて。

  すべてのお急須にこれほど綺麗な茶漉しの穴が開けられています。

・黒釉鎬カップ    2,625円 7.5×h7cm  sold out       

Dsc_0112 Dsc_0111

・炭化焼締面取ぐい呑  2,625円 約 4.5cm×h5cm  sold out

・黒釉面取ぐい呑 丸型 2,625円 約 7.3×h4.7cm sold out 

Dsc_0114 Dsc_0115_3

・炭化焼締注器 6,300円 13.5×h15cm (容量:八分目で200ml)sold out  

真鍮の取手付き。 

Dsc_0085 Dsc_0140

・炭化面取カップ    3,675円  7.5×h7.5cm sold out  

・炭化面取カップ縦長 3,150円  5.3×h8cm  sold out  

Dsc_0117 Dsc_0118

・炭化鎬急須   10,500円 15×h10cm  (容量:八分目で250ml)sold out 

Dsc_0008 

・黒釉鎬急須 10,500円 13.5×h15cm (容量:八分目で200ml)真鍮の取手。

sold out 

Dsc_0125

・炭化刷毛急須 12,600円 15.5×10cm (容量:八分目で400ml) sold out  

Dsc_0126

・炭化刷毛ぐい呑 (小湯呑) 3,150円 8×h5.5cm  sold out  

炭化焼締注器と合わせても趣き深いと思います。

うつわSouSou HP → http://sousou.biz

うつわSousou ✉ → sousou68@nifty.com

|

« 鈴木進:黒プレート・粉引線刻の器 | トップページ | カメラショルダーストラップ 革 »

鈴木進」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/53443478

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木進:真鍮取手の注器とお急須:

« 鈴木進:黒プレート・粉引線刻の器 | トップページ | カメラショルダーストラップ 革 »