« 広川絵麻:器が届きました | トップページ | 宮の舞の新酒会 »

2012年4月18日 (水)

広川絵麻:粉引飯碗

私もスタッフも愛用している広川さんの粉引飯碗。

なんといっても白い炊きたてご飯がとてもとても!!美味しそうに見える。

Dsc_0010

「毎日、1回は使う」この使用頻度にも耐えられる安心感も魅力的。

それはまず一つ使っていただいた上で、ご家族の分を買い足しに来られる

お客様が多いことからも分かります。

たまに、気分転換で飯碗はちょこちょこ変えるんですけれど・・・。

日々のご飯には、この飯碗を持つとやはりホッとします。

Dsc_0024_3

広川さんの粉引の特徴。

それは、「粉引」とひとくくりに言えない独特の釉肌にあります。

実は砥部の磁器土を混ぜて作られているからなのです。

いわゆる白泥だけを用いた場合の粉引とはまったく違います。

カラッとした粉引ではなく、しっとり・・・そしてサラリとした感触。

写真ではツヤツヤに見えますが、少~し艶のあるところとマットな部分の

両方が混在していてます。

さらに高台部分を見てみると、釉が溶け、流れ、溜まっている様子から

たっぷりと釉掛けされて芯まで焼き締まっていることがうかがえます。

Dsc_0029

蹴轆轤(けろくろ)の醍醐味と見込にあらわれる表情も

使うことでもっともっと楽しんでいただきたい飯碗。

・粉引飯碗 大 2,940円 口径:13~14cm/高さ 6~6.5cm

・粉引飯碗 中 2,625円 口径:11~12cm/高さ 5.5~6cm 

*飯碗大は、副菜を入れる鉢としても使えるサイズです。

色染みしにくい粉引ですので、ぜひおかずの器で使っていただきたい!

うつわSouSou:mail→ sousou68@nifty.com

通信販売について→ http://sousou68.cocolog-nifty.com/blog/cat23121723/index.html 

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

|

« 広川絵麻:器が届きました | トップページ | 宮の舞の新酒会 »

広川絵麻」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/54503243

この記事へのトラックバック一覧です: 広川絵麻:粉引飯碗:

« 広川絵麻:器が届きました | トップページ | 宮の舞の新酒会 »