« 余宮 隆 陶展 はじまりました | トップページ | 余宮隆 個展:しのぎマグカップ »

2012年6月11日 (月)

余宮隆: 花入れ

Dsc_0080

黒褐釉が掛け分けの部分から鎬に沿って滲みのある流れを作っています。

壺のみの鑑賞に堪えうる、風趣に富んだこの景色。

花を入れ替えるたび、置く場所を変えるたび、、、

同じ花器なのだろうか・・・と思ってしまう、実に不思議なこの感覚。

「言うならば、無国籍な焼き物。」 一言ではおさまりきらない魅力をもった

作品だと思います。

Dsc_0009_3

深みのある褐色は窯の灰と釉が溶け、炎のあたりの良さを感じさせます。

Dsc_0011

こちらは反対側の灰被り部分。炎が通った道筋を想像するのもまた面白いもの。。。

Dsc_0003

・黒褐釉 掛け分け鎬花入   52,500円 幅:22.5 x h 22.3cm sold out

(花入口の直径15cm) 登り窯焼成

Dsc_0067

気品のある佇まい。 

夕暮れ時にはこの力強い釉肌が影をともない、どこか儚げでもあります。 

月に合う草花をそっと生けたくなるような感じとでもいいましょうか・・・。

Dsc_0059 Dsc_0065 

窯に降り注ぐ灰が溶け、肩から翡翠のような透明感のある緑色を呈しています。

Dsc_0063_4 Dsc_0061_2

反対側は淡黄白色の器肌に細やかな貫入。

・灰釉粉引花入  21,000円  直径15.5xh18cm(口の直径6.5cm)sold out

 登り窯焼成

Csc_0085_2

Dsc_0019

Dsc_0020

青磁釉 面取花入 52,500円 23.5xh23cm   sold out 

登り窯焼成

うつわSouSou:mail →  sousou68@nifty.com

通信販売について →  http://sousou68.cocolog-nifty.com/blog/cat23121723/index.html 

うつわSouSou HP  →   http://sousou.biz

|

« 余宮 隆 陶展 はじまりました | トップページ | 余宮隆 個展:しのぎマグカップ »

2012年 個展・企画展」カテゴリの記事

余宮隆」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/54935709

この記事へのトラックバック一覧です: 余宮隆: 花入れ:

« 余宮 隆 陶展 はじまりました | トップページ | 余宮隆 個展:しのぎマグカップ »