« 蜂谷隆之:汁椀 | トップページ | 蜂谷隆之:溜塗大椀  »

2012年10月11日 (木)

蜂谷隆之:てっぱつ 漆器

Dsc_0036

Dsc_0042

「てっぱつ」 僧侶が托鉢に用いる鉄鉢がもともとの由来。

応量器としても知られているこの形。

お料理によって、いかようにも変化自在してくれそうです。

Dsc_0040

・てっぱつ 黒 7,350円 12×h7cm

・てっぱつ 朱 7,350円 12×h7cm

Dsc_0037

時間をかけて・・使い込むと、この朱の下から黒漆が見え隠れするように

なってくることでしょう。

Dsc_0039

底の部分はぽってりとした木地の厚み。

熱いものを入れても熱さを感じません。

冷たいものを入れた時は、冷たいままお召し上がりいただけます。

Dsc_0038

届くのが本当に待ち遠しかった蜂谷隆之さんの漆の器。

(私の撮った写真だけで、、、どこまでお伝えできるのか、少々心配なのですが。)

手に持った瞬間に伝わってくる

「このなんとも言えない心地良さをぜひ皆様にも感じていただきたい」

と思わずにはいられません。

うつわSouSou:mail→ sousou68@nifty.com

通信販売について→ http://sousou68.cocolog-nifty.com/blog/cat23121723/index.html 

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

|

« 蜂谷隆之:汁椀 | トップページ | 蜂谷隆之:溜塗大椀  »

蜂谷隆之」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/55837407

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂谷隆之:てっぱつ 漆器:

« 蜂谷隆之:汁椀 | トップページ | 蜂谷隆之:溜塗大椀  »