« 鶴野啓司:鉢 | トップページ | 鶴野啓司:ぐい呑 »

2012年10月23日 (火)

鶴野啓司:片口酒器

栃木県にある益子。焼物の産地として知られています。

その地で焼物を作っていた人は今までにどれほどいたのでしょうか。

先人の知恵に敬意を表し、今焼物に携わっている人はさらなる昇華を試みています。

鶴野さんもそのおひとり。

益子の土と日々向き合うなかで、そのひと塊の土から感じとれることを

とても大切にされていっらっしゃるのだと思います。

Dsc_0011

益子の土に素直に接してみると、民藝の益子焼とはまた違った表情に

なるのだそうです。 こちらは益子土に藁灰をかけて焼成したもの。

乳白濁した表面に茶褐色や青みなど複雑な色が加わり

こっくりとした日本酒がなんとも似合いそうな片口です。 

Dsc_0005

・藁灰釉片口A 6,300円  13×13.5×h7.5cm sold out  

Dsc_0031

Dsc_0033

Dsc_0037 

・藁灰釉片口B 6,300円 11.5×13×h8cm  sold out

Dsc_0017_2

「散歩コースで見つけた鬼板を益子土にかけたもの」

鶴野さんからの説明にはそんな言葉が書かれていました。

その散歩道を想像してみてください。

「おっ、これはちょっと面白うそうな土(鬼板)」

山肌に見えた粘土層にちらりとそれを発見されたのでしょうか。

それとも・・・・・

Dsc_0022

精製などしていない、天然の鬼板は成分分析などはもちろん分からない。

けれど、そこは土を見てきた人にだけ分かる「勘」のようなものがあるのでしょう。

その鬼板をどの土に合わせて、どのくらいの分量使うのか、

そしてどんなふうに焼きあげていくのか。 

Dsc_0019

外側は、「かいらぎ」の出ている部分に境があります。

・黒釉片口14,700円  13.5×15cm×8cm sold out

Dsc_0016_2

Dsc_0015

Dsc_0013

・益子土片口 4,200円 12.5×14×h8cm sold out 

うつわSouSou:mail→ sousou68@nifty.com

通信販売について→ http://sousou68.cocolog-nifty.com/blog/cat23121723/index.html 

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

|

« 鶴野啓司:鉢 | トップページ | 鶴野啓司:ぐい呑 »

鶴野啓司」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/55934408

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴野啓司:片口酒器:

« 鶴野啓司:鉢 | トップページ | 鶴野啓司:ぐい呑 »