« 鶴野啓司:小皿 | トップページ | 鶴野啓司:片口 »

2014年1月26日 (日)

鶴野啓司:ぐい呑

日本酒好きの皆様、お待たせいたしました!

鶴野啓司さんのぐい呑みです。

Dsc_0018

同じ粉引でもそれぞれ見事に違います。 

形だけではありません。 手触り、重心、口のつくり、そして器にあらわれる表情。

冷酒・冷や・ぬる燗・熱燗、、、吟醸酒・純米・生酒・原酒

飲み方やお酒の種類によって味は変わりますよね。

そして、その味はぐい呑みでも変わるのです!!

利き酒、利き酒盃!?

日本酒の面白さがよりいっそう広がる、そんな楽しみ方もあると思います。

aDsc_0022

平盃。 男性は片手で、女性は手を添えて。

aDsc_0031

a:粉引盃 5,250円 口径:8.4×高さ:3.8cm sold out

bDsc_0024

端整な顔立ち。腰の部分ほんの少しくびれています。

ちょっと大きめなので「冷や」で召し上がるのがお好きな人に

向いているかもしれませんね。

bDsc_0029

b:粉引猪口 4,200円  口径:7×高さ5.5cm sold out

cDsc_0026

cDsc_0033

c:粉引ぐい呑 4,200円 口径6.3~6.8×高さ:4.8~5.2cm sold out

dDsc_0027

見込みには灰被(はいかぶり)。窯の中で薪が燃え、舞った灰が器に降りて

このような景色を作ります。 こちらは薄づくりの口縁なのできりりとした辛口の

冷酒などまずお試しになってみてくださいませ。

dDsc_0042

d:灰被粉引ぐい呑 4,200円 口径:7×高さ:4.5cm sold out

eDsc_0049

丸みを帯びた形にやや厚みをもたせた口縁。

親指・人差し指・中指の中でしっくりとおさまるのが心地よいところ。

eDsc_0050_2

高台部分は原土の中にある鉄分が赤褐色の斑点となってでています。

eDsc_0053_2

e:粉引ぐい呑 4,200円 口径:6.3×高さ:4.5cm sold out

fDsc_0036

fDsc_0038

f:粉引ぐい呑み 4,200円 6~6.5×高さ:4.8cm sold out

gDsc_0046

益子では「ボクリ」と俗称されている土。実は、陶土としてあまり使用されない

「焼物としては使えない土」と言われているそうです。

鶴野さんはこの土とずっと付き合ってみたいとおっしゃいます。

出来の悪い子供もほど可愛い・・・なんてことも。

開花する才能のようにぐっと変化する時期が待ち遠しくなるぐい呑なのかも

しれません。

gDsc_0045

gDsc_0048

g:益子ボクリ土ぐい呑 5,250円 7.7×h3.8cm  sold out

うつわSouSou:mail→ sousou68@nifty.com

通信販売について→ http://sousou68.cocolog-nifty.com/blog/cat23121723/index.html

*実店舗にて販売しておりますので、完売したものもございます。

その旨、どうかご了承くださいませ。 

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

うつわSouSou facebook はこちらから↓

うつわSouSou facebook はじめました。

|

« 鶴野啓司:小皿 | トップページ | 鶴野啓司:片口 »

鶴野啓司」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/59006405

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴野啓司:ぐい呑:

« 鶴野啓司:小皿 | トップページ | 鶴野啓司:片口 »