« 早崎志保:ダイヤ模様のグラスとピッチャー | トップページ | 早崎志保:てんてん星の広口小鉢 »

2015年8月 4日 (火)

料理を作る、飲む、食べる。

Dsc_0012a

宴の準備、着々進み中。 

今回はお誕生日会でもあるので、ずいぶんと気合いを入れている。

器も決めて、メニューも決めて。

Dsc_0033_2

最近よく聞く「アペロ」という言葉。

アペリティフから生まれているらしい。食事の前にお酒を飲みながら

ちょいちょいとおつまみを食べる時間のことで、フランスの習慣なんだそうだ。

うち飲み会は、はじまりから最後までアペロ・・・のような気もするけど。

Dsc_0033

持ち寄りおつまみを食べながら、スタート。

1a

テーブルの真ん中に鎮座する何も盛られていないる木のカットボードは?

のちほど。

Dsc_0035_2

親が送ってくれた桃とお隣りさんがくれたフレッシュブルーベリー。

せっかくなんで、泡と一緒に。なんか女子会やわ~。

Dsc_0031

安部太一さんの八角皿に烏賊とセロリ・人参・玉ねぎ・・・のマリネ。

ベビーリーフと一緒にいただく。

Dsc_0013a

山田浩之さんの粉青台皿に巨大キッシュ!!スタッフOちゃんのお持ち寄り。

石臼挽内麦小麦粉 というものでほんとにイチから手作り。

「大変だし、パイシート使えば??」とチャライ事を私は言っていたけれど。

この外側だけでも、ものすごくいろんな味がする。

パイシートとは全くの別物!

で、自分でも挑戦しようかと作り方を聞いたら、一瞬でなえる。

(それくらい大変そうだった)

Dsc_0034

Dsc_0016a

早崎志保さんのてんてん星の台形ボウルに茄子とトマトの香味野菜サラダ。

格別旨い「ロッソナポリタン」というトマトがあってこそのメニューだけど!

これ、県外の野菜ソムリエのお店さんでも取り扱いがあるくらい

ほんとに美味しい。料理しなくても、ついついトマトだけで全部食べてしまうほど。 

*県内だと太陽市(おひさまいち)で購入できます。

Dsc_0005

茄子は南部鉄器のソテーパンでじーっくり焼き色をつけておく。

合わせておいたオイル酢にトマトを先に和えてから茄子を加えると

トマトエキスも溶けでて、いい~感じにうま味もUPする。(気がする)

Dsc_0023

かぶってしまったけれど、水烏賊とアスパラのガーリックソテー。

これも、あの重い鉄パンだとふふんっと自慢したくなる味になる。

何事も道具頼み。でも大事。

Dsc_0043

これは鯖の〇☓△・・・。名前を忘れてしまったけれど

じょうーとー(上等)おつまみ。

作りながら、食べながら、飲みながら、ここまでかなり順調。

2

そして、ようやくメイン。黒毛和牛のフィレ、なんと300gの塊。

しつこいけれど、これも鉄のソテーパンでジューーっと焼いてから

オーブンへ。どうだろう?、もういけるかな?、ん~。

その後、かなりお肉を休ませてから、おそるおそるカットしてみたら

なーーんと!!奇跡的な大成功をおさめる。 

Dsc_0039a

そしてカットボード。今回初使いに合わせて、頭ん中で盛り付けを

結構シュミレーションしておいた。イメージ通り。

なんかうまくいきすぎてやしないか?っていうほど。

だから、記録しておきたくなるんだけれど。

Dsc_3555_2

ラストスパートのリゾット。

やや酔いつつ、でもグラスも持ちつつ、、

20分かけてちょっとづつスープを足していく。

Dsc_3562_4

3種類くらいのチーズを混ぜたから、勝手にそれなりに、、味はよし。

1_2

最後に羽歩さんのホールケーキ。

甘過ぎない豆乳クリームとふんだんに入っている果物。

一応珈琲も淹れてみた。

でも呑み助ばかりだから、さらにお酒と一緒にケーキを食べ終える。

こんなにワインと合うケーキって、初めてかも。

次の朝、、、並んだ空のワインボトルを見て「無事完結したんだ」と

しみじみ思う。

うつわSouSou HP→ http://sousou.biz

うつわSouSou facebook

|

« 早崎志保:ダイヤ模様のグラスとピッチャー | トップページ | 早崎志保:てんてん星の広口小鉢 »

・お料理を盛って」カテゴリの記事

安部太一」カテゴリの記事

山田浩之」カテゴリの記事

山田義力」カテゴリの記事

早崎志保」カテゴリの記事

杉村徹」カテゴリの記事

私事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535171/61992995

この記事へのトラックバック一覧です: 料理を作る、飲む、食べる。:

« 早崎志保:ダイヤ模様のグラスとピッチャー | トップページ | 早崎志保:てんてん星の広口小鉢 »